スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

厚別で、大山君2ゴール目

090906consadore-ehime.jpg


あうー。
月曜から右のジオターゲティングで見ると
北海道からのアクセスがホント高くて
あぁ、愛媛サポとしてあの試合をどう見たのか知りたいコンササポの方が
たくさん訪れてくれてるのかなーと思ってたのですが
今週は忙しくてスカパーの再放送を見る暇がなく、
試合を見直していないのであまり試合について書くことができません。


大山君のゴール、ハイライト動画で見てみたら
なんてオサレなループw
やるなぁw


あ、そういえば『男はボレー!』を書いた後気になってて
やっとこの間確認しましたが、あれ、ボレーじゃないよねw
大山君のパス、グラウンダーだし…



スポンサーサイト
18 : 35 : 24 | がんばれ大山君! | TB(0) | Comment(0) | UP↑

おかえり?!

おまえかー!出戻りってー!


まさかこのカテゴリーをまた使える日が来るとはw
検索でも大山君の名前を検索してたどり着いてる人が増えてきました。
どうもです。


ポジション的にかぶる横谷君がまだどうなるかわからないですけど、
横谷はどちらかというとボランチで勝負したそうだし、
セットプレー要員としては、ただで手に入るなら願ったりかなったりだし、
完全なら将来的にも無駄にはならないと踏んだんじゃないですかね。


レンタルの頃に比べれば年俸も下がる可能性もあるなかで、
やっぱり勝手知ったる部分のある愛媛を選ぶのは堅実な選択だと思う。
がんばってほしいです。
って、車もないのよねぇ…


まぁ、某巨大掲示板でもおおむね好意的に受け入れられているようだし
それはとても幸せなことだよね。
そんな大山君を好きでいてくれているサポの方々にもうひとつ燃料投下w


愛媛での活躍を心から願う
浦和レッズは9日(火)、今年J2湘南ベルマーレに期限付移籍していたMF大山俊輔のJ2愛媛FCへの完全移籍を発表した。大山は2007年に一度愛媛へ期限付移籍し、J2リーグ46試合に出場し1ゴールをあげている。


大山はレッズプレスの取材に対して「今年、湘南でなかなか試合に出場できなかったのだが、それは決してマイナスにはなっていない。悔しさをプラスにして、愛媛でイチから勝負したいと思う。愛媛は好きなチームだし、愛媛という街の事もよく分かっている。与えられた環境の中で頑張りたい」と明るい声で話した。


大山は浦和レッズジュニアユースから在籍しており、浦和レッズが初めてステージ優勝に輝いた2004年のセカンドステージでは高校生ながら試合に出場した経験もある。愛媛での活躍を心から願う。


無料レッズプレスより】




大山俊輔コメント


「浦和レッズでは、ジュニアユースの時代から応援していただき、また愛媛や湘南でプレーしていたときも気にかけて、ずっと温かく見守っていただき、ありがとうございました。


僕自身、チームやクラブのスタッフにもとてもお世話になりました。僕にとって浦和レッズは、かけがえのないクラブですし、今は、感謝の気持ちでいっぱいです。


今後は、愛媛FCのために、精いっぱいプレーしていきますので、どこかで応援してもらえたら嬉しいです。本当にありがとうございました」


浦和オフィシャルより】

続きを読む
13 : 49 : 45 | がんばれ大山君! | TB(0) | Comment(2) | UP↑

大山君のラジオ音声上げました。

もんのすごい遅くなってしまいましたが、
一応、大山君がラジオ出演したときの音声を上げておきます。

FM愛媛の『カモン☆あつまれでぃお』大山俊輔

あと、鳥栖戦後に大山君が出演したローカルニュースも。
(yasuサマいつもありがとうございます。)
(三本目のニュースに出演しています)


で、湘南戦。
うーん…勝てた…ような気もするけど、あれが今は限界…なのかな…
とにかくジャーンがもうホントにすごくって!
FC東京にいた頃から『すごいヤツ、且つ、いいヤツ』ってことは知ってましたけど、
ジャーンを切ってしまったFC東京はホントばかですよ。
確かに昨年は劣化してしまったのかと感じるほど消えてましたけど、
それはガーロがジャーンをサイドバックとして起用してたから。
どう考えてもジャーンはCBでしょうが!!!
もう、『壁』でしたね。
そりゃあんなのに着かれたら、三木君だって仕事できないですよ。
もともとジャーンと斉藤選手が2人分くらいの働きをしてるから、
1人退場になったくらいじゃたいした穴も見つけられなかったし、
むしろこっちが1人少ないんじゃないかってくらいパスコースが見つからないし…
って言うか、斉藤選手、清水から移籍してたんですね?!

最後のリョータ君のシュートが入ってればなぁ…
ヒーローだったのになぁ…

ま、こちらも無失点で終われた事は、
金守さんのいないDF陣にとってはすごく自信になったんじゃないでしょうか。
終盤はサイドがもう上がりっぱなしに近い状態で、
コンちゃんと祐三の2枚で最終ラインをケアしてる状態に近かったですけど、
それでもしっかり守りきったのは、必ず次につながると思います。
というか、湘南戦に関しては、1度危ない飛び出しがありましたが、
佐藤君、すごくよかったですね。

私、鳥栖戦を見る限り、他の愛媛系ブログに書かれてるような評価を
どうしても佐藤君には与えられなくて、
というか、別の試合見てたんじゃないのってくらい評価が真反対だったんですけど、
湘南戦はすごく落ち着いていたし、ナイスセーブ多数でしたよね。
それは、私がきちんとした目で彼が見えていなかったからなのか、
DFとの連携が取れてきたからなのか…
その辺はわかりませんけど。

前にも書きましたけど、守備の連携と攻撃の連携とでは、熟成期間が異なります。
だけど、守備は安定が見えてきたわけですから、
攻撃陣にはもう少しリスクを冒して、せめてシュートまで持っていって欲しいところですね。

ものすごく私的意見を言えば、湘南の中町選手が退場になった時点で早めに攻撃に枚数を費やしてもよかったんじゃないかなって。
向こうがフォローの態勢を整えてしまう前に、愛媛側も手を打ってもよかったんじゃないかな。
ま、確かに、中町選手が退場になる前までにアップの量を増やしてたのは千島で、
お、来るか?!と思って見てたわけですけど、結局のところトシヤのほうが先に入った。
あのタイミングはもしかしたらトシヤのアップが完了するまで待ってのギリギリのタイミングで、
あれが最速でのその攻撃的布陣へのシフトだったのかもしれないんですけど、
もっと長くトシヤを見てみたかったですね。
トシヤがボールを持つとすごくゴールの香りがしてたから。
千島も江後さんそう。
千島が入って流れが変わってきた感があったし、
江後さんのスピードは十分に通用してたから、
もっと長い時間みてみたかった。

仙台戦。
スタメンは一体どうなるんでしょうか…
最近はもう読めませんね。特に左サイド。
まさか湘南戦に貴君が置いて来られてるなんて微塵も思っていなかったし。
ただ、幸平君との相性は…うっちーよりは貴君のほうが、幸平君への負担は少ないかな(^_^;)
どちらもまだ幸平君の献身的上がりを生かせるところまでは来てないのが、切ないとこなんですが。
シュウ君の左は…幸平君との相性以前に、
シュウ君の良さが生かしきれない感じがするので、ちょっと苦しかったですね…
千島の左は…監督からの指示なのか本人の判断でなのかわかりませんが、
完全に攻撃偏重で、しかも中に切れ込みがちなので(右利きの左なのでしょうがないんですけど)、
幸平君の負担倍増…ただし、左の前がポカーンと空くので、
多少のリスクは覚悟で、ボランチにケアを任せて
幸平君が前に上がってみるってのもおもしろかったかもなぁと思ったのですが、
ま、素人意見なのでね。

明日は私は日帰り大分遠征です。
レッズと同時刻開催なので実況すら追えないけど、
ハーフタイムに途中経過を見るのを楽しみに…してますよ…
01 : 25 : 01 | がんばれ大山君! | TB(0) | Comment(0) | UP↑

大山 俊輔&近藤 徹志をよろしくお願いします その1

浦和に同期入団の2人は、何かと一緒のエピソードが多いので一緒にご紹介。

ohyama_kondo061119.jpg

大山君&近藤君は2005年にレッズに入団。
大山君はユースからの昇格。近藤君は東福岡高校から。
同期はユース出身の中村祐也君。藤枝東からの期待のルーキー赤星君(赤星貴史)。
前橋育英から特別強化指定経由で入団したハジィ(細貝萌)。
練習生扱いで1年で契約満了となってしまったサンちゃん(サントス)
そして、トライアウトを経て移籍の道をつかんだ正也さん(西谷正也:現札幌)です。
ちなみにサンちゃん。ブラジルに帰国した後U-20代表に選出。
そしてこのたび、FCポルト入りが決まったとの情報をキャッチしました!

そんなサンちゃんと仲がよかったのが近藤君。
ちなみに近藤君は選手間では『コンちゃん』と呼ばれてたと思います。
新入団選手は2人1組でロッカーを使うのが慣わしなのだそうですが、
(写真あったら後で入れます…)
2人ともデカイ体ながら、2人で仲良くベンチシートに座ってお話をしていたとか(゜ン゜)

一方の大山君。
22番が大山君

2004年、2ndステージ優勝を決めた名古屋戦の次の柏戦@日立台で
ユース所属の高校3年次に、レッズ史上初の高校生Jリーガーとして途中出場でデビュー

レッズは04年から下部組織からトップへのシステムをピラミッド型に統制するため、
ユースの中でも突出した才能をトップの選手たちが生活している寮で生活させるという試みを始め、
その1期生2人のうちの1人が大山君でした。(もう1人は中村君)

ユース所属のうちからサテライトリーグでプレー。
ohyama050227.jpg

ベンチ入りは逃したものの05年の草津とのプレシーズンマッチに帯同を許され、
ルーキーとしては一番の注目株でした。

イメージとしては右サイドのイメージが強いなぁ。
実際、憧れの選手(目標とする選手)は永井さん(永井雄一郎)だしね。
初めて見に行ったサテライトリーグの仙台戦(05年3月13日)で始めてそのプレーを見たとき、
暢久(山田暢久)・ヒラさん(平川忠亮)の本職に加え、
FWの永井さんや岡野さん(岡野雅行)と右サイドが充実しているレッズにおいて
ユースにもこれだけできる子がいれば、レッズの右サイドは当分の間心配ないなぁと思った記憶があります。

が、夏ごろに足の小指を疲労骨折して手術をし、戦線離脱
なかなか戻ってこないなぁと思っていたら、さらに盲腸になったらしく、しばらく入院していた模様。
久しぶりにその姿を見たときには、すっかり太ってしまっていて、結構ショックだった覚えがあります。
が、右足首脱臼骨折で離脱していた達也(田中達也)とともにリハビリを開始。
レッズ自慢のトレーナーさんのもと、リハビリと共にフィジカルを強化。
ohyama050506.jpg

ケガ前よりも一回りくらい身体が大きくなって帰ってきました

ohyama050327.jpg

もともとユーティリティ性の高い選手で、左右両サイドのほかボランチでもプレー。
でも、大山君の売りはクロスの精度だと思うので(左右共に)やっぱりサイドで勝負する姿が見たいかな。
(それだと千島のライバルになるのですがね…)

ユースの頃からサテライトに出ていただけあって、
エメちゃん(エメルソン:現アルサド)にだってパスを要求したりと
気持ちの強さはトップに引けを取りません。
クロスの精度がいいだけあって、コーナー等プレースキックも蹴れます
05年までサテライトのコーチをしていた哲さん(柱谷哲二:現東京Vコーチ)には
「大山のプレースキックはベッカム級」

と言わしめたほど。
(いやー。哲さんてホント誉めて伸ばすタイプだったなー。)

大山君に必要なのは、その気持ちの強さと集中力を90分間保つこと。

●大山俊輔選手(MF):
「長短を織り交ぜて、ゴールに直結したパスを出していきたい。愛媛は若い選手が多く、J2に入ったばかりのチームなのでフレッシュさがある。体力面の自信は無いが、しっかり体をつくって攻守に貢献したい。浦和では試合に出られず悔しい思いをした。Jリーガーとしては試合に出てなんぼだと思うので、結果を残していきたい」
〔from J's GOAL〕


という新体制発表時のコメントでもわかるように、体力がなくなると同時に集中力も散漫になっちゃう傾向があったように思う。
(ベテランだと、体力の面を精神力で補えるでしょ)
1試合通して試合に集中することができないと、どんなにテクニックがあっても戦えないぞー!
特にJ2ではなおさら。
しかも、愛媛FCは個の力よりも組織力で戦うチームなので、そこは重要ですよ。
まぁ、毎度おなじみREDSPRESSでは

《大山俊輔》
「祐三さん(南)からも話を聞いて、試合に出る手ごたえや充実感は祐三さんの言葉から感じられたので、
僕にもそういうチャンスがあるのならば、チャレンジしたいという気持ちが固まった。」
〔from REDSPRESS〕


というコメントを残してるので、きっとやってくれることでしょう。

ちなみに選手間では「ヤマ」と呼ばれてましたが、山田暢久とかぶるのでサテライト時のみ??
下の子達はなんて呼んでたっけ?
「ヤマさん」だとどっちかわかんないよなぁ…
愛媛では「おーやん」と川北さんが叫んでいたとの情報をキャッチ。
新しい(゜ン゜)
っていうか、川北さんが「おーやん!」って叫んでるとこが普通に想像できてウケるw

いつかのMDPで中村GM(当時は強化担当)が語ってたので失笑したのが、

『あいつは寮に入れてよかったと思う。それまでは私生活がひどかったからなぁ』


的なニュアンスのコメントw
お、大山君…どんな私生活ですか…?!
ま、トップ昇格してからも同期の寮生らに
「いつも大山は門限ギリギリまで部屋にいない」
と言ってましたが、おそらく彼はずっと浦和で育った選手ですから
地元に友人も多く、遊びに行く機会が多いってことなんでしょうね。

もともとユース時から人気のある選手でしたが、
トップ昇格後の大原では女子高生からの人気を独り占めに(゜ン゜)
通っていた高校が大原から近かったこともあって、よくキャーキャー言われてましたね。

あ、ちょっとイメージが下降気味ですか…?
でも、そんなエピソードにそぐわず、大山君はものすっごい几帳面です
寮の部屋がきれいなことでも有名だったそうですが、
それよりも、大原で目にした光景の方が私的には驚愕でしたね。

ohyama050505.jpg

レッズでは、伸二が新人だった頃の行動が発端で、
新人選手たちが練習後の用具片づけをやることになっているのですが、
柔軟をする時に使うマット。
あれをみんなが適当に重ねてドサーッて持ってきたのを
一枚一枚角と角をきちっとあわせてキレーイに重ねてました…
そして、ボールや給水用アイスボックスをひとつひとつバランスや
荷崩れがおき難いようにリヤカーに順番に積みこんでました。
たまーに他の選手が積み込みをやって、ボールを一番最後に積んだがために
リヤカーを引っ張ろうとしたらボールが落ちちゃって…
そんなことになろうもんなら、大山君もう不機嫌…不機嫌ですよ…
いやー…部屋とか勝手に入ってなんか触ったりとかしたら烈火のごとく怒るんでしょうね(゜ン゜)

が、そんな彼…部屋を荒らされない方法を知ってます。
それは…
『夜更かししないこと。』
主に同期の赤星が他人の部屋を荒らす(人の部屋で好き勝手する)根源だったようですが、
主にやってくるのは夜。
そんな時彼は既に…寝ていたらしい。
で、赤星は近藤君の部屋に行く、と。

じゃ、次は近藤君。

その2へ続く…
14 : 38 : 51 | がんばれ大山君! | TB(0) | Comment(4) | UP↑

| ホーム |

プロフィール

   Diablo Rojo

Author:Diablo Rojo
(ディアブロ・ロッホ)
Diablo Rojo:スペイン語で赤い悪魔の意味。
浦和レッズの選手として大好きだった千島選手が移籍してしまい、その勇姿を追うために始めたブログです。
いつまで続くかわかりませんけど、気のすむまでやってみようと思います。

 With Might and Main

    『全力を尽くして』


本家の浦和系ブログは⇒コチラ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。