スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

争奪戦

今日の9:30からの争奪戦。
4/28の札幌に行けるかがかかってる。
スポンサーサイト
08 : 36 : 38 | 携帯より | TB(0) | Comment(2) | UP↑

ヤバイ…すごい覚醒っぷり…

すごいとは聞いてましたが、予想以上でした…

とりあえず見てください、コレを…

これ

わーい!You Tubeにもキター!!(いつもお世話になっておりますm(_ _)m)

いやー。このメンバーでこの覚醒っぷり。
もう心配いらないね…
22 : 20 : 45 | がんばれ翔ちゃん! | TB(0) | Comment(2) | UP↑

いいこと

レッズでは、開幕前に今季のビジョンや選手の意気込みを載せたMDP(マッチデイプログラム)増刊号が無料で配布されます。

今年は実質開幕戦のゼロックス前ギリギリの23日に配布。
さっそく浦和まで出向いてもらってきました。

で、その中に、今年レンタル&移籍になった選手たちのコメントが載ってました。
始動してからかなりたってることを思うといまさらって感じなのですが、
コメントはネット上でしか発表されていなかったことですし、
紙媒体としては初めての発表かな、確か。
オフィシャルやレッズプレスで発表されていたものとはまた違った文面なので、
これはこれ用にコメントを取ったものみたいです。

新井翔太
愛媛に行ったら、ポジションを獲るのは最低限の目標で、
レッズに戻ってこられるように頑張りたいですし、
愛媛をJ1に上げて、レッズと対戦できるように頑張ります。



大山俊輔
今回の愛媛へのレンタル移籍は、サッカー選手としても人間としても、
成長をするためにはいいことだと思います。
そのためには厳しい試合をこなすことが大事だし、
90分の試合というものを毎試合やっていくというのはいいことだと思っています。
向こうでいろいろなことを経験させてもらってまた成長して、
戻ってきたいと思っています。



近藤徹志
レッズでは、デビューからいろいろなことがありました。
その経験を自分にとってプラスにしないといけないと思います。
自分にとって、今回の移籍はプロになって3年目にチャンスをもらったという形で、
いいことだと思っていますし、愛媛でも精いっぱい頑張っていきます。



『いいことだと思う』『いいことだと思う』ってすごくなんだか
言い聞かせてる感のある言葉なんですけど…

でもね、この間、ミノル君のことについて朝日新聞に載ってたのを読んだんですが、
その中の一文

同じJ2の愛媛への移籍を告げられた時、「やるせない気持ちになった」。
でも、それが現実とすぐに割り切った。


っていうのを読んだ時、
あぁっ…これって愛媛サポさんたちが読んだらどう思うのかな…
って思って即座にここに載せられなかったのだけど、
でも、私が愛媛で出会ったミノル君からは『やるせない気持ち』なんて微塵も感じなかったし、
愛媛FCを、そして自分を応援してくれるファンを大切にしていたし、
確かに愛媛FCのために戦ってたよね。
最後まで愛媛サポのことを思い、
『代表に入ることが恩返しになる』
ってコメントまで残してくれた。

彼は、自分をアピールするためではなくて、
愛媛FCが勝つために何ができるかを考えてくれていたと思う。
だからこそ、あれだけ人気があったし、サポーターからも愛されてた。

きっと浦和から旅立った選手たちも最初は『やるせない気持ち』になったのかもしれない。
(ま、同じカテゴリーじゃないからミノル君とは少しは違うだろうけど)
『これはいいことなんだ』って自分に言い聞かせたかもしれない。

でも、最初の頃に練習見学に行った時は、
まだみんなバラバラだったように感じたと聞いてたけど、
私がキャンプで見たみんなは、
レンタルとか元所属チームとか年齢とか関係なくみんな仲良さげで、
ゲーム中の連携はまだまだだったけど、
チームとしてはまとまってきてるのかなって感じられるくらいにはなってたと思う。
私がちょっと寂しくなってしまうくらいなじんでた。
上のコメントを取ってから(おそらく)2ヶ月が経過して、気持ちの切り替えもついて、
練習にも慣れて、チームコンセプトを実戦に移し始めた2次キャンプ。

ただ、某巨大掲示板で見つけたキャンプ後のもっちー監督のコメントに

昨シーズン終盤の躍進は、ひとりひとりの選手がチームの為に何をするかを理解していたことが結果に結びついた。
今シーズンJ1から多くの選手が加入したが、ほとんどがサテライトでの経験しかない選手が、自分をアピールするプレーに拘り、チームとして機能するにはもう少し時間が必要。
1人2人の選手が代わっただけでもチームは大きく変わるものだ。
ただ個々の選手のポテンシャルは確実に上がっている。
キャンプでのTMでは、問題が浮き彫りになったことは良かった。
サポーターは昨シーズン終盤のチーム状態を普通だと思っていると思うが…
守備に関しては、修正はできるが攻撃に関しては少し時間が掛かる。

といったような内容のことが書いたあったとのことを読みました。

これから1年かけて戦っていくうちに、
次第にコンセプトが浸透してチームが出来上がっていくのを見守っていくのもサポの役目。
昨年末のすばらしい出来上がりのチームを知っているだけに、
また1からやり直しなのは正直がっかりって人もいるかもしれないけど、
でも、そういう去年だってなんだかんだいいつつ、

楽しかったでしょ?

スカパーで観戦してた方は思い出して欲しいのだけど、
スカパーの解説者さんってピンキリで、ぜーんぜんチームのスカウティングとかしてないし、
予備知識がない人のほうが多い。
だから、愛媛FCの試合を始めて見る人のほうが多くて、
そういう人って始めはやっぱり対戦相手中心に見ることが多いし、
新入りの愛媛FCがどこまでやれるかみたいな観点で見てるんだよね。
でも、少なくとも私が愛媛FCの試合を見出した第3クール以降の試合では、
必ずといっていいほど解説者さんが最後には
『いやー。愛媛FCすごいですねー!』
みたいになってるのw

これは見ててすごく痛快だった。
若いチームってどうしても守備固めから入りがちなんだけど、
去年の終盤は、もう失うものはないってくらいハラ決めて、
ガンガン前へ走ってたじゃない。
そういう戦い方って、やっぱり見てて楽しいし、気持ちがいい。
それくらい、昨年第3クール以降の愛媛FCは
勝敗以前に見てて楽しいサッカーを展開してくれた。
もちろん勝敗にはこだわるべきだし、
それまでの2クールが苦しかっただろうって事は容易に想像がつくけど、
でもこれを超えたところに、あの楽しいサッカーが待ってるのかと思うと、
あとは根競べみたいなもん。
個人の実力を思えば、昨年よりは早くそこまでたどり着けるかもしれないし、
我が強いが上にもっとかかるかもしれないけど、諦めたら負けだ。



昨日あったドコモスタジオでの公開ラジオ放送に行った方から写真とレポをいただきました。
友人にメッセージを代理投稿してもらったのだけど、あまり読まれなかったらしいですね(^_^;)

もうオフィシャルJ’s GOALにも写真が上がってるけど、
翔ちゃん髪切ったのね(゜ン゜)
松山でいい美容院見つけたかな?
(それとももしかして、千島が切った??)
そんな些細なことでも、もう愛媛に慣れたのかなって思えるのはちょっと嬉しいね。

ラジオは後に電話でも聞ける事を知って、
あわててかけてみたら最後のコメントを1人1人が求められてるところで、
祐三も翔ちゃんも、
『勝つためにがんばるので』『サポーターの声が力になるので』
ってファンやサポーターにスタジアムに来てくださいというコメントを残していました。

翔ちゃんは、軽くジョークも飛ばしてみたりとすっかりメンバーにもなじんでるようで、
『いいキャラしてた』とのこと。
自分の経験がどれくらいのものなのかって立ち位置も確認できて、
同年代の選手も多いし、きっと楽しくやってるんでしょう。
もしかしたらリラックス度は浦和以上かも?!
だって、公の場でファンやサポに向かってそんな『いいキャラ』披露してくれなかったのよ?!
(唯一、コレくらいかな…)

祐三はもう心配することなく(?)すっかり愛媛の選手だからね。
キャンプで見てても思ったよ。新入りをイジる役回りだもんね。
今年の選手名鑑の『好きな選手』欄にヒデトから『南祐三』って書かれてたしなぁ…
ハセと都築さんがヤキモキしてるかも?!
(なんて書いてたら、こちらにも同じようなことを書いてる方が(゜ン゜))

あぁ、せめて都築さんよりは早く砥部に練習を見に行ってみたいなぁ(゜ン゜)



なんか、書き出しと比べて変なオチになってしまいました(^_^;)

続きを読む
20 : 59 : 41 | がんばれ翔ちゃん! | TB(0) | Comment(2) | UP↑

なんでもランキング

何で私は今会社にいるんだろう…
ゼロックス~…国立ぅぅぅぅ…(泣)

全く仕事にならないので、遊んでみました。
(こんな時間から…フトドキモノ…)


やっとキャンプで新生愛媛FCをこの目で見ることができ、
新入り選手の名前と顔が一致するようになったので、
今度はデータから見る相互関係をインプットしてみようと思い、
エクセルを利用してちょっと遊んでみました(゜ン゜)

続きを読む
11 : 01 : 27 | 愛媛FC | TB(0) | Comment(4) | UP↑

大山 俊輔&近藤 徹志をよろしくお願いします その2

すっかり上げるタイミングを逸していた
『大山 俊輔&近藤 徹志をよろしくお願いします その1』
に続く近藤君編。
大変お待たせいたしました…



近藤君は1986年11月04日、福岡県福岡市生まれ。
高校サッカーの名門、福岡県の強豪校東福岡高校のキャプテンでした。
ちなみに、東福岡高校は男子校です。
プレースタイルは、前に上げたエントリーのラジオ出演時にも上げられてましたが、

●近藤徹志選手(DF):
「ヘディングでは負けたくないし、状況判断を良くして試合に出たい。チームとしてはディフェンスが安定すると強くなるので、ディフェンダーとして体をはって失点を防ぎたい。(同じ浦和出身の)南選手はライバルになるが、自分をしっかりアピールして試合に出て勝利に貢献し、結果を残していきたい」
〔J's GOAL〕


とあるように、やはりその高さが一番の武器であり、
高卒ルーキー組の中では一番落ち着きのあるプレーをし、
kondo050313
初めてそのプレーを見たサテライトの仙台戦では、
ある意味祐三より落ち着いて見えたんだよねぇ。

続きを読む
23 : 11 : 02 | がんばれコンちゃん! | TB(0) | Comment(2) | UP↑

私にとっての開幕戦

第3節 3月18日のアウェイ鳥栖戦に日帰り遠征決定!
スカイマーク利用で行きます。

飛行機利用の遠征はもっと気をつけておかなきゃなぁ。
各社の割引料金情報を逃さないようにしておかなきゃです。

赤いチームはみんなが騒ぎ出すのでわかるのですが、
こちらは私が自分でしっかりしなきゃですね…
むしろ情報を流すくらいでないと…

23 : 09 : 32 | 携帯より | TB(0) | Comment(2) | UP↑

ちばぎんカップ

昨日はミノルと、浦和→千葉に移籍した黒さん見たさに、あいにくの雨の中を日立台へ行ってきました。
両者ともにスタメンで出場。

黒さんをターゲットに攻撃を組み立てる千葉。
大谷を中心にチームを回す柏。
他サポであるがゆえに、勝敗関係なく
個人のプレーや試合そのものを楽しめるのは幸せですね(゚ン゚)
滞空時間の長い黒さんの空中胸トラップや、
ミノルのキレキレドリブルを思う存分堪能しましたο(≧▽≦)ο
しかもミノルはCKからの1アシストと、
フランサのアシストによる1ゴールを決め、なんとMVPに!!

うれしかった反面、何だか急に遠い存在になってしまったような気も…
というのも、シーズンが始まれば、
私にとっては敵になるわけだからねぇ…

それでもおめでとうを言わなくちゃと思い、
差し入れにポンジュースを買っていったのですが、
柏って試合後は出待ちとか一切なしなんですね…
残念ながら会えませんでした。

写真を上げました↓



アップ中です
あいにくの、こんな天気です…
続きを読む
07 : 53 : 24 | その他 | TB(0) | Comment(6) | UP↑

祐三とゴウ君

市脇アナのお部屋突入にて、部屋割りが2人部屋なことがわかったわけですが、
他はどういう組合せだったんでしょうねー?
市脇アナのブログによれば金守さんと貴君が一緒だったようですが。

今日のスギ様v
清水とのTMで1本目は出場のなかった選手はゆっくりとグラウンドに集まってましたが、
兄弟のよう
見てて思わず笑ってしまったのが、祐三とゴウ君の凸凹コンビでした。

祐三はだし
しかも、結構この2人、仲がよいらしくそれからずーっと一緒。

しょうがねーなー
トイレに行くのも一緒。
思えば『ハッピーバレンタイン!』事件を焚き付けたのも祐三だったようだし(゜ン゜)
一緒の部屋だったんかねー、2人は。

それから、いつも社長出勤の(最後に出てくる)ちし。
ふれスポでは川又君と現れました。
柏とのTMのときもちょっと遅れてご出勤だったなぁ。
あのときは誰と一緒だったっけ?

それから、サッカー教室の前に蹴鞠ゲームをやってたメンバーは
大山君、ヒデト、リョータあたりだったなぁ。
あのホテル潜入で、肉ばかり食べてるリョータと皿の数が多いヒデトが座ってた
あのテーブル組ですね、おそらく。

私は砥部に練習を見に行ったことがないし、
横浜FC(1回だけ)以外、他チームの練習を見に行ったことがないので
蹴鞠ゲームが他のチームでも普通に行われてることなのかどうかは知らないのですが、
シュウ君のブログに書かれていた『最近の流行』
完全に浦和の若手らの間で流行ってた遊びですね…

浦和の裏文化が伝承されているわ…
09 : 05 : 15 | 祐三元気? | TB(0) | Comment(0) | UP↑

鹿児島キャンプに行ってきました その4

◆2月12日 トレーニングマッチ vs.清水エスパルス◆
私にとってキャンプ最終日の12日。
午前中はお土産を買いに行ったりしよーとか思ってたのですが、
思いの外疲れがたまっていたらしく、起きたのが9時…
とりあえず10日の写真選定だけやって、11時にチェックアウト。
あおばさんとは12時に駅で待ち合わせのつもりでしたが、駅のインフォメーションで
ふれスポ行きのバスの時刻表を聞くと、12時台は12:11の1本だけとのこと…

出たよ、鹿児島時間!

鹿児島3日目にしてやっと学習した私は、
急遽11:45にあおばさんとの待ち合わせ時間を早め、
2人してお昼を駅で調達してから余裕をもって22番バス停へ。

バスが来るのを待っていたら、でかいパルちゃんを連れた女性が!!!
その女性は(通称パルたん)ベンチ横の低いブロック塀の上に
パルちゃんを座らせていたのですが、
おそらくエスパはもうこの時期の鹿児島にとって風物詩なんでしょうね。
誰も特に疑問そうな視線を投げかけないというか(^_^;)
普通「何あれー?」的な反応を示す人がいたりするもんだと思ってたのですが。
逆に、女子高生3人組に「わー!サインが書いてあるー」とかいってからまれてるパルちゃん。
その間、パルたんは特にパルちゃんを救出に向かうでもなく、普通にベンチに座ってました。

ちょっと遅れてバス到着。
山を越えて30分ほど行ったところでふれあいスポーツランドに到着。

キャンプ見学とは関係なく、家族連れがたくさん訪れて広場で遊んでてとってもにぎやか。

070212_01.jpg
グラウンドの方へ向かうと、ちょうど選手が集まり始めたところのようで、
愛媛側ベンチ近くに場所を確保。

別メのメンバーをチェック。
070212_02.jpg 070212_03.jpg
三木君、大木さん、青野さん、江後さんですね。
青野さんは見てみたかっただけに残念…
佐藤君はどうしたのだろう??
私、この3日間、彼の姿を見てないのですが…(^_^;)

と、ここで伊予魂マフラーをした方を発見!!
横浜系ユース担当のあの方でした(゜ン゜)

070212_04.jpg
どうやら最初に集まった11人がスタメンらしく、
メンバーは羽田さん、幸平君、コンちゃん、金守さん、リョータ、うっちー、ヒデト、大山君、シュウ君、貴君、トシヤ。
ちなみに、確かに川北さんは大山君のことを『おーやん』と呼んでいましたが、
羽田さんは『俊輔』と呼んでいるようですね。
翔ちゃんは、川北さんが『翔ちゃん』、羽田さんが『翔太!』と呼んでいるのを確認しました。
コンちゃんは2人とも『コンちゃん』だったけど。

柏戦とはまた少し変わったメンバー。
おそらくこうやって少しずつ新しい選手を組み込んで、まだ色々と試してる段階っぽいなぁ。
でも、右サイドの第1候補はシュウ君なのかなぁ…
対する清水はフェルナンジーニョやテルさんらトップチーム。

はっきり行って、写真を撮る余裕のない試合でした…(^_^;)
もう、見てるだけで精一杯って言うか…

070212_09.jpg
出だしはよかったんですよ。
気合が入ってるのが見ててわかるくらいだったし。
でも、しばらくして清水の方が状況に対応。
とにかくプレスが早いし、判断早い。
逆に愛媛はプレスが遅く、且つ寄せが甘い上に判断が遅い…
そのチャンスを逃したらそのパスコースはもう開かないよ!
というスピードに完全にいっぱいいっぱいになっちゃってて、
やっとボールを奪取しても、切り替えが遅くて出し場所がない。
大山はどこ行ったのだ!!と思って探してみたら右サイドの守備にかかりきり。
パスコースを探してる間にボールを取られ、はっと気づくとフェルナンジーニョがフリーじゃん!!
そいつをフリーにしちゃダメだってー!
と言ってる間に右サイド(愛媛の左)をえぐられてクロスを上げられ、
ぎゃー!!!
って、あ、誰もいなかった…助かった…
みたいなパターン(^_^;)

ただし、清水は典型的J1の戦い方をするチームですし、チーム全体的に、と言うよりはフェルナンジーニョとテルさん2人にやられた印象。
それでも、トシヤらしくオフサイドを取られつつも裏を狙う動きが2・3度見られましたし、

070212_10.jpg
羽田さんが気合い入りまくりで(古巣相手ですからね)よく当たってました。

トシヤの裏を狙う動きは、柏戦の時にはいまいち不発だったことを思えば、
少しはボールをもらうための動きができ始めてるのかもしれません。
あとはパスの出し手とのタイミングを合わせるべく、何度も挑戦することですね。

ただ、その試合の早さについていくだけで精一杯(と言うかついていけてない…?)
なせいで、どんどんと運動量が落ちる…

前半は相手のセットプレーからのリスタートから得点されて2-0。

柏戦のごとく、45分で2本かと思ってたのですが、どうやら2本では終わらなそうな雰囲気…

070212_11.jpg
今出てた選手らはベンチでもっちーに怒られてる(っぽい)し…
体力もたなそうだから、後半は総入れ替えかなって思ってたのだけど、
どうやら『修正してみろ!』ってことらしく後半もこのままのメンバーで行きそうで。

070212_12.jpg
翔ちゃんが呼ばれて、シュウ君と交代。
大山君が右に出て翔ちゃんがボランチに。

翔ちゃん、前日のサッカー教室にいなかったのでどうしたのかと思ってましたが、大丈夫なようです。
柏戦で削られて倒れた場面があったのですが、おそらく軽度の打撲程度で、
この清水戦に出すために、無理することないとサッカー教室はお休みさせてもらったのかな?

もっちー監督がベンチにいた選手らに一通り話し終わった後
「翔太!行くぞ!」
って呼んでいて、何がと言うわけではないですが期待されてるんだなーって感じました。

ただし、翔ちゃん一人を変えただけでは状況は特に変わらず…
しかも相手はメンバーを入れかえてきてるし。
藤本淳吾はいるものの、おそらくサブ組。
愛媛は運動量が戻らないせいで、もうホントにプレスがかからない。
走れない愛媛FCなんてただの新入り…って感じですよ…orz

070212_13.jpg
藤本のCKから1失点。
もう1失点目はどういう形かだったすら覚えてないや~…
相手のセットプレーから羽田さんがボールをキャッチしても
みんながなかなか上がらないから、相手もポジションに戻って守備完成しちゃって、
速攻もできないし…
2-0で負けーorz

千島が出るのはおそらく次の3本目。
この時点で既に15:30。
私はと言えば、帰りの飛行機に間に合わせるために16:30にはふれスポを離れないと危ないとこです。

070212_14.jpg
試合が始まったのが15:45くらい。
メンバーは阿部ちゃん、スギ様、祐三、ほっしー、エイゴ、ちし、もち、マル、ゴウ君、ケンゴ、ササ。
フィールドプレーヤーがアップしてる間に阿部ちゃんがボードを持ってきて、コーチの横で布陣を書き込んでました。
どうしたらいいのか戦術をたてさせていたようです。
なるほどー。面白い試みですね。

しかしながらこの流れだと、千島の出てる試合中にこの場を離れなきゃいけないってことで…
プレゼントをどう渡そうかとアワアワ…

アルバムに関しては、それぞれに手渡しの方が喜ぶんじゃないの?と
あおばさんに言われ、私的にもきちんと本人に渡したかったので、
今回は潔く渡すのを諦めてもって帰ることに。

ただ、チョコに関しては今渡さないと意味がないので…
1・2本目に出場してた選手が着替えに行くようだったので、
誰か預かってくれそうなスタッフさんがいるかも、と
とりあえずグラウンドの出入り口まで行ってみると、
ちょうどリョータ君と一緒にコンちゃんが歩いてきたので、
意を決して『近藤選手!!』と呼び止め、
「今お渡しするのは申し訳ないんですけど、もう帰らなくちゃいけないので…
浦和組と望月監督宛のプレゼントなんですけど、渡していただけますか?」

と、ホントに失礼ながらお願いしちゃいました。

ゴメンねコンちゃん。
でも、帰りの飛行機の中で思い出したけど、ラジオで
「やっぱり手渡しでもらうのがうれしい」
って言ってたから、結果オーライってことで許して(≧人≦)!!

タクシーで飛ばしてもらって、市内まで20分強。
そこからリムジンバスで空港へ約50分。
6時過ぎには空港に到着し、無事に帰京することができました。

心残りは、きちんと千島に声をかけられなかったことと、
徹夜で作った力作のアルバムを持って帰るハメになったこと(重いんだ、これが…(^_^;))
1番最初の関東アウェイの湘南は、選手に差し入れを手渡しできない運営だったしなぁ…
やっぱり3節の鳥栖戦?!
行きたいのは山々だけど、次の日からオーストラリアに飛ぶしなぁ…
日帰りは可能だけど厳しいか…?




今回の旅でお世話になったあおばさん
色々とホントにホントにありがとうございました。
かぐや姫まで言って、余裕のあるときに選手とコンタクト取りたかったですね…
次に目指すは砥部の補助競技場です!
ハセには先越されたしっ!都築さんには負けないぞー!

それから、現地でご一緒したりみさんとそのお友達Mさん
あおばさんのお友達の水色系のみなさま
とっても楽しかったです。ありがとうございました。

そして、ふれスポでお会いしたultraleftyさま
遠く鹿児島の地で伊予魂マフラーをした方にお目にかかれるなんて、なんだか心強かったです。
お会いできて良かった!

最後に、ここまでレポを読んでくださったみなさまにもありがとうございましたv
続きを読む
23 : 19 : 43 | 2007鹿児島キャンプ | TB(0) | Comment(5) | UP↑

途中ですが、鹿児島キャンプ関連TV

レポ途中ですが、自分の為にも特派員様に送っていただいた動画をリンクしておきます。
いつもお世話になっておりますm(_ _)m

鹿児島キャンプへ出発(いよかんワイド/スポーツえひめ/eat sports)
 リョータの髪型の決まりっぷりにウケてしまいましたw
 ゴメン、リョータ。
 祐三がすっかり愛媛の選手になってるのがほほえましいなぁ。
 川又君が学ランだーo(≧▽≦)o!!

DF特集(いよかんワイド)
 金守さん、微妙に髪型変わったね(゜ン゜)
 近藤君はチーム1の長身なのですかー。
 
FW特集(いよかんワイド)
 最後の「あ~!いいボール!すげーよ!」とか言ってるリョータがウケるw
 『田中さん』ってめっちゃ違和感ですね(゜ン゜)

MF特集(いよかんワイド)
 MFの説明がものすごいざっくりしててちょっとウケるw
 「アソンナムイルワ」って…「ア」はいらないと思うのだが…(^_^;)

キャンプレポ~柏戦・ミノルから・ホテル潜入~(eat sports)
 食事のときの選手の座り位置が結構興味あるなー。
 ヒデトの隣に大山君が座ってるんだよねー。
 このテーブルにはリョータもいたりするので、おそらくチームの中心グループっぽいけど。
 笹垣君いい腹してるねー(゜ン゜)
 きっと彼はまじめな人なのだねー。
 彼がGK出身の子だよね?
 そういうのもあって川北さんと相部屋なのかしら?
 でも、ベッドに座ってインタビュー受けてるとき、
 タオル巻いてるだけで下履いてないよねw(゜o゜)w
 翔ちゃんはいい具合になじんでるようで安心しました。
 机の上にさりげなくポンジュース(配給品だね)が置いてあるのも要チェックですが、
 ジャージ及び練習用ユニが部屋に干してあるね。
 それぞれが自分で洗ってるって事でしょうねー。

見つけたー!
キャンプ最終日(いよかんワイド)
 佐藤選手いたんだー…私、3日間で1度も姿を見なかったんだけど…
 もっちー監督が言ってることは、私も清水とのTMを見ていて思いましたね。
 でもまぁ、1試合も同じメンバーでやってないわけですから。
 連携もこれからでしょう。
 もうちょいポジティブな締めにして欲しかったなー。
 選手は夜中に帰ってくるって事は、飛行機で帰ってくるわけではないってことか…
 

柏オフィシャルのTM記録
00 : 28 : 12 | 2007鹿児島キャンプ | TB(0) | Comment(2) | UP↑

鹿児島キャンプに行ってきました その3

◆2月11日 サッカー教室@川内ドーム◆

前日の夕方まで予定がわからず、夜に確定したサッカー教室の詳細を受けて
川内ドームの行き方を調べ、朝7時集合で出発
朝ご飯を食べながら、川内駅で肥薩おれんじ鉄道に乗換え上川内駅下車。
そこからタクシーで30分。川内ドームに到着です。

人工芝のコートにドームがついたって感じの川内ドーム。
コートの周りをネットで囲ってあるだけで、
親御さんに混ざりながらもすごく近くで見ることができました。

ま、その近さが逆に恥ずかしいんですけどね…

9:30に選手らが登場。
教わるのは小学1~6年生の女の子で、予定では20人来るはずが18人しかいないとかで、
コーチ陣はやる予定だったメニューを急遽かえた模様。
選手を集めてちょっとしたミーティング。
「選手余るじゃん!1人につき2人つけるよー」
とか言われながらもボードに書いた予定表を見せながら説明してました。
ちなみに欠席した選手は、翔ちゃん、川北さん、三木君、大木さん、青野さん、佐藤君、江後さん、阿部ちゃんです。

最初はまずボールを使ったストレッチから。
足を伸ばして座って、サイドから足先を経由して反対側へボールを手で転がすストレッチ。
このときお手本として呼ばれた選手が

『スギ様』

こと高杉選手
リョータ君は『リョータ』の座を守り抜いたようで、
高杉選手は『スギ様』に決定してしまうのか?!

と、ここでリョータも呼ばれてないのに勝手に真ん中に座ってやってみる。
体が硬すぎて足先をボールが越えられないー!!
子供の笑いを誘っていました(゜ン゜)

羽田さんはさすがにGKだけあって、余裕でしたねー。

次に、立って体を半分に折り、足の間からボールを上に投げ、体を起こしてキャッチ。というもの。
お手本に呼ばれたのは羽田さん。

が、なかなかできない…(^_^;)
「あれ?あれ?」
とか言ってるうちに、子供のほうにできる子が出てきたりして、
で、スギ様
「説明してやって!」
と言われ、特に工夫もなしに、
「かがんで」
「足の間から上に投げて」
「取る」

とか愛のない説明してましたが、それでできた子が何人かいて、
「スギ様すげー!」
とか言われてましたw

その他、バスケでよくやる足の間を8の字にボールをまわしたりとかのストレッチ。

最初は選手サイドと子供サイドにわかれてましたが、リョータや羽田さん、エイゴ君
積極的に子供に絡んでいき、だんだんと輪になってきました

次はいよいよ2人でやるストレッチ。
左右交互に振り返りながら、ボールをサイドから手渡すものや、
頭の上と足の間から手渡すものなど、なるべく選手と子供で組んでやらせていましたが、上下は若干キツイものがあるペアもw
コンちゃんが、「じゃ、一緒にやってみようか」と声をかけて始めたものの、
やっぱり背が高いので上下は子供の方が大変(^_^;)
それでもその女の子はがんばってやってたのですが、途中でうしろに転んじゃったりしてw

ストレッチの次は手つなぎ鬼。
選手のうち4名ほどが鬼に指名され、開始!
やはり最初は子供には行きづらいらしく、みんなまず選手を捕まえてましたが、
鬼じゃない選手のほうは子供たちと結託して逃げ回ってみたりしてました。
ゴウ君が最後近くまで捕まらなかったのは、
子供にまぎれて見分けがつかなかったから…

ってわけじゃなく、すばしっこくちょろちょろと逃げ回ってたからだと思いますが(゜ン゜)

大山君は、対象の女の子じゃなくて、それについてきてた4・5歳くらいの男の子2人を捕まえて後ろに隠れてみたりと、チビッコ担当に。

このあと、ボールを使って、自分のボールをキープしながら、相手のボールを奪うゲーム。

070211_01.jpg 070211_02.jpg 070211_03.jpg
大山君はこの辺からすっかりチビッコになつかれてしまい、
大山サッカー教室が開かれている模様w

鬼ごっこに最後まで残った女の子には賞品としてオーレ君人形がプレゼントされました。

それから、女の子一人につき選手が2・3人ついて(贅沢ー!)個人指導。
それぞれメニューを考えて、リフティングをやってみたり、シュート練習をしてみたり。

070211_04.jpg
この間も大山サッカー教室は開催中
走り回るチビッコ2人を相手に、ちょっと大変なことになってきてますw
いきなり走り出したかと思うと、お水が飲みたかったらしく、コート脇の水場に行って、
蛇口から水を飲もうとしてるので、
「こっちこっち!そこのお水はダメだよー!」
とかいいながら、選手用に用意された2Lペットのボトルを開けてあげて、
持って飲ませてあげてたりとか、微笑ましすぎー
ちょっぴりこの日は大山君に夢中でした(゜ン゜)

その後、女の子たちvs.選手5人でミニゲーム。
あえなく第一試合に大山君が呼ばれてしまい、チビッコたちはどうするのかなーと思ってたら、
子供チームで一緒にプレーしてました。

第1ゲームのメンバーは羽田さん、ゴウ君、大山君、トシヤ、ほっしー
ゴウ君どこー?!まぎれちゃって見分けがつきません!
1-0で子供チームが勝利。

第2ゲームが幸平君、ヒデト、エイゴ、笹垣君、持留君のチーム。
ヒデトが「わぁーっw(゜o゜)w」とか大声を出しておどかしたりしながら楽しげにやってましたが、
うっかり相手のオウン気味に得点してしまい、1-1で終了。
コーチに「大人げなーい!」とか言われていました。

070211_05.jpg 070211_06.jpg
第3ゲームは貴君、ちし、川又君、うっちー、コンちゃん
このチームは、なぜかサイドラインに整列した後、手をつないでセンターラインに入場w
1番前がちしだったのを見ると千島の発案なのか…?!
得点時に雄叫びを上げてみたりとテンション高めの千島w
貴君も子供を引き連れてドリブルしてみたりと、楽しげでした。
2-1で子供チーム勝利。

070211_07.jpg 070211_08.jpg 070211_09.jpg
第4ゲームは金守さん、祐三、リョータ、スギ様、神丸君
このチームはやはりリョータでしょう(゜ン゜)
左サイドをドリブルで持ち上がり、くるりと踵を返すと、そのままボールをキープしてドリブルで下がり、また上がり、また下がりなんてことを3往復くらいやってました
このチームはうっかり先制してしまうのですが、
ゴール前で痛恨のハンド。
子供チームにPKが与えられ、ゴールマウスに立たされたのはリョータ君。
「えーっ!?こえーよ!!」
とか言いながらも一応かまえます。
女の子は容赦なく本気シュート!
上のバーに当たって下に入るって言う1番恐いコースでゴール(゜ン゜)
リョータ君は
「こえー!!マジこえー!!」
と大騒ぎ。
この後1点返すも、また追いつかれて2-2で終了。

まぁ、基本的には子供チームがシュートを決めた時点でゲーム終了って設定だったので、
選手チームが追いついちゃった場合にはロスタイムが与えられ、
決まるまでやる、って感じでしたけどね。

この設定だと選手はどこまでやっていいのか結構難しいところだと思うので、
どちらかというと、選手と混合チームでゲームをやったほうが良かったんじゃと思いましたけど、
もしかしたら、子供の人数がもっといればそうする予定だったのかもしれませんね。

その後は選手の1芸披露(座ってリフティングとか)のあと、じゃんけん大会。
じゃんけん大会の商品は全員のサイン入りサッカーボールが3個と昨年のユニ2枚。
その他キーホルダーやミニフラッグなど。
ボールが一番人気で、次がユニでしたね。

じゃんけん大会終了後は、全員に配られたオーレ君ノートにサインをもらったりするふれあいタイム。
大山君と遊んでたチビッコが
「お礼を言ってきなさい」
とお母さんに言われていたので、
「いっしょにあそんでくれたおにいちゃんのおなまえしってる?
おおやませんしゅっていうんだ。」

って教えてあげたりとかしてみましたv

選手らは着替えることなくそのままバスに直行。
プレゼントを渡そうと思ってたのに渡せずじまい…
お願いできるようなスタッフさんもおらず、最終日に賭けることとなりました。
背番号に掛けた明治のチョコ 浦和組5人+もっちー監督へ それぞれへの思い出写真集

00 : 01 : 06 | 2007鹿児島キャンプ | TB(0) | Comment(4) | UP↑

鹿児島キャンプに行ってきました その2

写真はクリックすると大きくなります。
大山君 千島だー 川又君
神丸君 持留君 スギ様あぶな~い!
2本目は笹垣君、ケンゴ君、ちし、大山、持留、神丸、幸平君、コンちゃん、ほっしー、高杉さん、羽田さん。

ピチユニ松下君

ちなみに、ユニは昨年の2ndを使用。
ただ、昨年来てた選手とサイズが合わないと別のになるわけで、
うっちーが11、ゴウ君が8、トシヤは33、そしてなぜか幸平君が32…?
昨年までの24じゃだめなのか?と思ったのですが…
32はやはり幸平君には若干小さいようで、しっかりinにするとピチユニっぽいぞ!
ちしはしっかり7を着てましたが(゜ン゜)

大山君はボランチで出場
2本目組は立ち上がりこそSpeed&Agressiveだったのですが…

大山君のFK 持留君のFK
プレースキッカーは、大山君、ちし、持留君が。

さて、右から(たぶん大山君の)サイドチェンジをちしが前へ運び、早いタイミングでちょっと早めのパスを前線へ。
川又君にピンポイントで合うかーっ?!
ってとこで飛び込んだ川又君が両足を払われた形で
胸からピッチにたたきつけられる…
なかなか起き上がらない…たぶん呼吸できなくなってるよ、あれ。
そのままピッチ外に出され、交代で入ったのはシュウ君。
いままで別メだったってきいてたけど、大丈夫かな??

そんな心配もよそに、シュウ君が右に入って神丸選手が前へ。
結構落ち着きが出てきたぞ!

ボールをトラップしてるんです
お!ミノルがアップしてるぞ!?

5分間だけの限定出場
そして出て来たーっ!

しっかりinですね
黄色装束のミノル。

この辺の配慮については柏の広報さんの日記に書いてありました。
愛媛からのプレスがたくさん来てて、それをきいた石崎監督が
「みんなミノル目当てなんじゃろ?」
ってことで出してくれたみたいです。
感謝感謝ですね。

シュウ君とのマッチアップは見ごたえがありました。
ミノルの、相手をひきつける動きから2点目を献上…
笛が鳴って、あえなく2-0で負けました…

シュウ君とミノル
かつて両翼として愛媛の攻撃を担ったパートナーのシュウ君と話しながら整列に向かうミノル。

幸平君とミノル
挨拶後には、かつて後方支援としてミノルの攻撃を支えた幸平君と握手。

お疲れ様でした
そして、率先して愛媛ベンチ前へ挨拶に向かうミノル君なのでした。

ニヤニヤ(゜ン゜)
金守さんとトシヤがニヤニヤしてるのが見えます(゜ン゜)

みんなお疲れさまでした


柏の選手たちはこのあとも練習が続くようでしたが、
愛媛の選手らはどうやらバスですぐに出てしまうようで、
柏のファンサエリアをつっきりw山を降りて愛媛バスの止まっているところへ急ぐ愛媛サポ(若干水色気味)集団。
バスの止まっているところについたときには大半の選手が乗り込んでおり、
なぜか、ゴウ君が祐三になんか言われたようでバスの窓を開けるのですが
ちょっと困ったような笑顔で外を見るばかりで、どうしたんだろうと…

結構小さいバスでおそらく、後から来た選手は補助席を使用してるような…
ちなみに、羽田さんは後からきたけど、席が確保してあるようでした(゜ン゜)
さすが重鎮(゜ン゜)

みんなが乗り込んで、バスが発車。
ファンが手を振る前を通り過ぎる瞬間、ゴウ君意を決したように窓から顔を出し、叫びました。




『ハッピーバレンタイン!!』



残されたファンは一瞬ポカーンとした後、大爆笑w

どうやら後ろの席に座っていた祐三に「やれよ!やれよ!」と焚き付けられたようです(^_^;)


さて、他の愛媛サポ集団とは別行動で私とあおばさんは柏の選手バス前へ。
ミノル君を待ちます。

やはり、一応新入りとあってあまりファンにつかまることなくバス前まで来たミノル君。
声をかけ、プレゼントを渡しました。

愛媛ではあんなにつかまってたのになぁ。
まぁ、これからだな。
柏に戻れば昔から見ていてくれていた人もたくさんいることでしょうし、
すぐにきっと人気の面でもトップに踊り出ることでしょう、

きっと気合を入れて第2節の対サンフレッチェ広島戦に挑むはずですので、
行かれる方はお楽しみにv

17 : 09 : 15 | 2007鹿児島キャンプ | TB(0) | Comment(2) | UP↑

鹿児島キャンプに行ってきました その1

大変お待たせしちゃってすみません。
結局写真を見て、写真選定をしただけで眠くなって寝てしまいました(>_<)ヽ
待っていてくださった方には、ホントにごめんなさい。

では行ってみましょうか…


◆2月10日 トレーニングマッチ vs.柏レイソル@国分運動公園◆
空港であおばさんと待ち合わせし、バスで国分駅へ。
駅のそばのコンビニでお昼を調達しようと入ってみたら、
ばったりりみさんとそのお友達Mさんに遭遇!
なんかすごい!!
タクシーに分乗し、国分運動公園へ。

翔ちゃんだー!
着いたときには既にアップが始まっていたのですが、
ち、千島がいない…(幸平君もいない…)
翔ちゃんと祐三はアップしてる。

去年の2ndユニです
どうやらアップしてるメンバーがそのままスタメン、
というか、1本目に出る選手らしく、
トシヤ、タカシ君、うっちー、ゴウ君、翔ちゃん、ヒデト、リョータ、祐三、金守さん、エイゴ君、羽田さん。

いぶし銀ヒデト
翔ちゃんと秀人のボランチは結構いいかもしれません。
浦和で言えばハセと啓太君のような関係で、秀人は目立つことはないものの、しっかり中盤を支え、
どこでも翔ちゃん
翔ちゃんはその運動量を武器に前にもうしろにも顔を出し、ここぞというところでインターセプト。
そのままドリブルで上がってみたりと、おそらくユースの時はトップ下としてそういう動きをしてたんじゃないかなぁと思わせてくれるようなプレーぶりでした。
なんというか、自信が見えるなーって感じ。
やっぱり、J1トップクラスの選手らに揉まれて来た3年間は、きちんと力になっているようです。

トシヤー!行けー!
トシヤは今日は、あまりボールに絡めていなかった印象…
こういうドリブル突破だとか思い切りのいいプレーをもっと見たかったのですが、まだまだ遠慮があるというか…
もっちー監督がトシヤを軸にチームを仕上げると言っている以上は、周りが間だトシヤの使い方を心得ていないと言った方がいいのかもしれませんがね…
でも、もっと周りにボールを要求し、ボールをもらう動きができないと、ゴールは遠いぞー!

ミノルだー!
お!ミノル発見!
ですが、アップもしてないし、座ってみてるだけで
「ミノル出ないのかなー…ミノルが見たいぃー。」
とか言いながら後ろを振り返ると…

私の座ってたあたりから右上の位置に、キタジ選手を始め、山根選手、平山選手、大谷選手、蔵川選手ら別メ組が座ってるのは気づいていたのですが、
私たちのいる1列目。あおばさんたちの座っている2列目のすぐ上の3列目に
鈴木達也選手とミノルの同期の石川選手がいることに気づき…

うわーっ…
さっきから思いっきり「ミノルミノル」言ってたの聞かれたくさいぃ~…

まぁ、ポンジュース飲んでたし、まわりの柏サポらとは騒ぐ場面が違ってただろうから、
私のまわりの集団が愛媛側の人間ってことは気づいてたろうから別にいいけどさー。

ちょんまげ大山
2本目組がアップを開始。
髪の毛が『みょんっ』ってなってる大山君がかわいいv

岡山と競るタカシ君
1本目はそのまま0-0で終了。

祐三っ!
押し込まれる場面もありましたが、相手の決定力のなさと
祐三・金守さんの身体を張ったプレーでなんとか零封。
攻撃陣は…もっと躊躇せずにバシバシシュート打っていって欲しかったですね

ここで、みんなの大好きな彼のネタをw
続きを読む
01 : 33 : 08 | 2007鹿児島キャンプ | TB(0) | Comment(5) | UP↑

交通運がありません…(-_-)

「せめて写真を上げたい」
とか言ったくせにカードリーダーを忘れました…

ベスト電器で買ってきました!!!

今日は晩御飯に外へ出るのがめんどくさくなってしまったので、
揚げたてさつま揚げを何枚か買って来ました。
それを食べつつレポを執筆したいと思います

駅周辺にはお店がたくさんあって、ついついお買い物したくなってしまい、
かわいいオレンジのカットソーがあったのでついつい買ってしまいました。
明日さっそく着てみよー。

そして、レジの前に会ったクローバー型の鏡がかわいくて、
ついつい買ってしまいました(^_^;)
20070211_1942_000.jpg


あと、今日の夜の分と明日の分のポンジュースをコンビニで2本買った~。

今回の遠征は3連休中という事もあり、結構高くついたのですが、
交通費や雑費も加えると結構かかってるんだろうなぁ(>_<)ヽ
ま、楽しいから気にしないことにしよう。
19 : 51 : 13 | 遠征記 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

鹿児島入り~

なんか色んなことが中途半端なまま鹿児島入りしましたー!
パソコンを持ってきてるので、夜にはせめて写真くらいはあげたいです。
12 : 03 : 21 | 携帯より | TB(0) | Comment(2) | UP↑

気を取り直して

タム君&高萩君の近況
http://www.home-tv.co.jp/fantasista/fantasista.html

愛媛でパワーアップしたらしいミノル
柏レイソル 宮本主務のブログ
15 : 45 : 09 | その他 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

ICON

下のエントリー。
上げた時点ではあまり反応がなかったので、
最初はみんなあんまり触れたくないのかと思ってたんですけど、
アイシテルさんのコメントを皮切りに、一気にたくさんのコメントをいただいてしまい、
心配ながら遠巻きに見守ってる状態だったんだなと。

県外者であること以上に、愛媛という土地自体に何の縁も所縁もない私は、
あんまり足を踏み入れちゃいけないテリトリーだとは思ったのですけど、
ただ、Jリーグを愛するひとりのJに所属するチームのサポとして、
県外者であり、その土地の政治力に縛られない身だからこそ言える事を言ったつもりです。

ものすごく身勝手ですが、私にしてみれば愛媛県内の政党の利害関係だとかそういうのはどうでもいいんです。
と言うか、知りませんし、関わることができません。
なので、賛成だと意見を下さった方とも、根っこのところでスタンスが違うだろうということは否めません。
賛同を募ると言うよりは、Jリーグクラブと政治を絡めないで欲しいということ。
過去に他のクラブでどういう反応をサポが示したかということを知って欲しかった。

ある人にとっては私の意見は『そうだそうだ!!』って意見でしょうし、
ある人にとっては、きれい事の理想論でしかないでしょう。

ただ、私は友近さんを非難したくて書いたんじゃないです。
どちらかというとサポーターに対しての『それでいいの?』っていう問いかけでした。
政治の世界に身を投じることを許すということは、同時にOBとしてスタジアムに足を運んでもらったり、
愛媛にサッカーを根付かせようと『愛媛FCをよろしく!』って言ってもらえる存在を失うってことだと思うんです。

それってすごく悲しいことじゃないですか??

ちなみに、『愛媛FC=友近さん』は、一般的に対外から愛媛FCを見たときに受ける印象なので、
愛媛サポさんたちにとってはどうであれ、Jをあまり知らない人だけでなく、
他サポにとっても一般的捉え方だと思いますよ。
彼は愛媛にサッカーを根付かせるために自分が『愛媛のサッカーのアイコン』になることを選んだ。
引退したからもう愛媛FCとは関係ありません。ってそういうわけにはいかないでしょう?

むしろ、彼にとってはそれがなければ出馬要請はないですよね?
彼が愛媛FCの象徴的存在であることが前提でのヘッドハンティングではないですか?

『Jリーガーになれたことが嬉しい』
と言ってましたよね?
『Jリーガー』という地位をこれほどまでに憧れの地位にしたのは私はカズさんだと思ってます。
いい車に乗って、ファッションにお金を使い、モデルと結婚。
その時代のステータスとされることを全て手に入れて、
『Jリーガー』を一種のステータスに仕上げたわけです。
そして、その立場から夢をあきらめない事の大切さを伝えたり、
や『Jリーガー』の持つ影響力や発言権。
そういうのを、今も現役で活躍することによって築きつづけてるのに…

サッカーを、そして愛媛FC通じて、子供たちに『愛媛』という土地に誇りを持ってもらい、
愛媛FCというクラブを通して地元の経済や文化の発展に子供の健全な成長に尽くす。
それが、草の根的活動を経て地元にあらゆる面で利益を還元するのが
Jリーグの百年構想にのっとったあるべき姿だと思ってたのですが…

そういう意味では、彼は『Jリーガー』になれなかったんだなって。なりきれなかったんだなって思います。

*************************************

↑ここまでが、昨日までに下書きして推敲中だった文章です。

そして、昨日の夜、正式に出馬表明があったことを知りました。
私がここに書いていることは、私は友近さんをそばで見てきた愛媛サポではなく、
他サポであり、ただし多少は愛媛FCに興味を持ち半年間見守ってきたその距離感で、
知りうる範囲で感じた意見です。

なので
『よく知らないくせに』とか『友近さんはホントはそんな人じゃない』
とか、そういう意見を返されても『そりゃ知らないさ!』ということになりますので、ご了承ください。

で、オフィシャルHPでの表明を読んで…
正直言ってがっかりです。

出馬することを決意した云々よりも何よりも、
あれだけ人を心酔させ、愛媛FCがこれから目指すところである
『ズーパー友近の100年構想』
が、あっさり捻じ曲げられて政治活動に転用されようとしてること…

出馬を決意したのなら、もうそれは反対とか賛成とか言ってる次元の問題ではないので、
『賛同しかねる』
というところでその問題は終わりにしますが…

なんか、これ書いてたら、あれ思い出した。
ゴンちゃんが
『ニッポン!ニッポン!』
ってコールの鳴り止まないスタジアムの真ん中で
『俺の話を聞いてくれーっ!!!』
って叫ぶやつ。
確か衆議院選挙の投票参加呼びかけのCMだったと思うけど、
あれこそが『Jリーガー』(というより、代表選手の…かな)の影響力と発言権をうまく利用して
国政へ協力できるギリギリのラインかな、と思う。

県議だったら、また話は別なんだろうけどなぁ。
15 : 36 : 00 | その他 | TB(0) | Comment(3) | UP↑

絶対渡さない!

コンちゃんのことについての続きがまだでごめんなさい。

この件に関しては、私はあまり口出ししない方がいいかなと思ったので書かなかったのですが、
やっぱりちょっとほっとけないので…

それは友近さんが民主党から参議院選挙に出馬しないかということについて。

これを書いてる時点で、もう結論は出ているかもしれない。

でも、私は絶対反対。

絶対に政財界なんかにやってはいけない。

愛媛FCの象徴的選手を政治に利用して欲しくない。
お父様が政治家であることや、本当に愛媛のこれからのことを考えてくれているという意味では
まったく「問題外の話」ではないんだろうけど、
結局のところ民主党が欲しいのは、彼の後ろについてくる愛媛FCサポやファンでしょう?

去年の9月に日産スタジアムであったことを知ってるだろうか?
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/19021/
もう過去のことだし、この件に関して今更蒸し返すのもマリサポさんたちの本意ではないと思うのでそれぞれにリンクは貼らないけど、
「マリノス」「自民党」「政治にサッカー場を利用させてはならない」
で検索するといくらでもこの件に関してのマリサポさんの意見が読めると思う。

かつてレッズにも、あの動員力を利用しようと愚考を働かせたフトドキモノがいた。
「レッズ」「九条」で検索すれば、
大体何があったのかわかってもらえると思う。


今回のことは、それらとは少し毛色が違うかもしれない。
でも、もし出馬することになったら、サッカー界とは切り離して考えなきゃいけなくなるってことは忘れないで欲しい。

自身のブログで、
「将来は孫の手を引いてスタジアムに観戦に行くことが夢」
と語ってくれた友近さん。
それすらも簡単にできなくなる世界に連れて行かないで欲しい。

友近さんは上に書かれたような事しないって??!
たとえ本人にはそんな意思はなくても、利用される可能性はある。


どうかこの事実に関して楽観視しないで欲しい。
続きを読む
14 : 55 : 23 | その他 | TB(0) | Comment(8) | UP↑

高萩君の思い

今週号のサカマガに高萩君のインタビューが載っていましたね。
すやひろさんのところをのぞいて見たら、なかなか手に入れられなった人が多かったようなのですが、
今なら高萩君のインタビューのノーカット版がWEBサッカーマガジンに上がっています。

サカマガで読んだ時は、高萩君のあまりにも素直な
「広島に帰れてうれしい」
って思いに少し切ない思いがしたのですが、
ノーカット版ではもっちー監督への思いも語っています。

モチさんは選手と近い関係でいてくれたので、すごく話しやすかったです。僕らから近づける感じ。思ったことをそのまま意見しても、しっかりと聞いて意見を返してくれました。熱いし、サッカーに対して真面目だし、選手のことを考えてくれる。これだけ監督が考えてくれるんなら僕らはやらないといけない、と思えました。



00 : 20 : 12 | その他 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

大山 俊輔&近藤 徹志をよろしくお願いします その1

浦和に同期入団の2人は、何かと一緒のエピソードが多いので一緒にご紹介。

ohyama_kondo061119.jpg

大山君&近藤君は2005年にレッズに入団。
大山君はユースからの昇格。近藤君は東福岡高校から。
同期はユース出身の中村祐也君。藤枝東からの期待のルーキー赤星君(赤星貴史)。
前橋育英から特別強化指定経由で入団したハジィ(細貝萌)。
練習生扱いで1年で契約満了となってしまったサンちゃん(サントス)
そして、トライアウトを経て移籍の道をつかんだ正也さん(西谷正也:現札幌)です。
ちなみにサンちゃん。ブラジルに帰国した後U-20代表に選出。
そしてこのたび、FCポルト入りが決まったとの情報をキャッチしました!

そんなサンちゃんと仲がよかったのが近藤君。
ちなみに近藤君は選手間では『コンちゃん』と呼ばれてたと思います。
新入団選手は2人1組でロッカーを使うのが慣わしなのだそうですが、
(写真あったら後で入れます…)
2人ともデカイ体ながら、2人で仲良くベンチシートに座ってお話をしていたとか(゜ン゜)

一方の大山君。
22番が大山君

2004年、2ndステージ優勝を決めた名古屋戦の次の柏戦@日立台で
ユース所属の高校3年次に、レッズ史上初の高校生Jリーガーとして途中出場でデビュー

レッズは04年から下部組織からトップへのシステムをピラミッド型に統制するため、
ユースの中でも突出した才能をトップの選手たちが生活している寮で生活させるという試みを始め、
その1期生2人のうちの1人が大山君でした。(もう1人は中村君)

ユース所属のうちからサテライトリーグでプレー。
ohyama050227.jpg

ベンチ入りは逃したものの05年の草津とのプレシーズンマッチに帯同を許され、
ルーキーとしては一番の注目株でした。

イメージとしては右サイドのイメージが強いなぁ。
実際、憧れの選手(目標とする選手)は永井さん(永井雄一郎)だしね。
初めて見に行ったサテライトリーグの仙台戦(05年3月13日)で始めてそのプレーを見たとき、
暢久(山田暢久)・ヒラさん(平川忠亮)の本職に加え、
FWの永井さんや岡野さん(岡野雅行)と右サイドが充実しているレッズにおいて
ユースにもこれだけできる子がいれば、レッズの右サイドは当分の間心配ないなぁと思った記憶があります。

が、夏ごろに足の小指を疲労骨折して手術をし、戦線離脱
なかなか戻ってこないなぁと思っていたら、さらに盲腸になったらしく、しばらく入院していた模様。
久しぶりにその姿を見たときには、すっかり太ってしまっていて、結構ショックだった覚えがあります。
が、右足首脱臼骨折で離脱していた達也(田中達也)とともにリハビリを開始。
レッズ自慢のトレーナーさんのもと、リハビリと共にフィジカルを強化。
ohyama050506.jpg

ケガ前よりも一回りくらい身体が大きくなって帰ってきました

ohyama050327.jpg

もともとユーティリティ性の高い選手で、左右両サイドのほかボランチでもプレー。
でも、大山君の売りはクロスの精度だと思うので(左右共に)やっぱりサイドで勝負する姿が見たいかな。
(それだと千島のライバルになるのですがね…)

ユースの頃からサテライトに出ていただけあって、
エメちゃん(エメルソン:現アルサド)にだってパスを要求したりと
気持ちの強さはトップに引けを取りません。
クロスの精度がいいだけあって、コーナー等プレースキックも蹴れます
05年までサテライトのコーチをしていた哲さん(柱谷哲二:現東京Vコーチ)には
「大山のプレースキックはベッカム級」

と言わしめたほど。
(いやー。哲さんてホント誉めて伸ばすタイプだったなー。)

大山君に必要なのは、その気持ちの強さと集中力を90分間保つこと。

●大山俊輔選手(MF):
「長短を織り交ぜて、ゴールに直結したパスを出していきたい。愛媛は若い選手が多く、J2に入ったばかりのチームなのでフレッシュさがある。体力面の自信は無いが、しっかり体をつくって攻守に貢献したい。浦和では試合に出られず悔しい思いをした。Jリーガーとしては試合に出てなんぼだと思うので、結果を残していきたい」
〔from J's GOAL〕


という新体制発表時のコメントでもわかるように、体力がなくなると同時に集中力も散漫になっちゃう傾向があったように思う。
(ベテランだと、体力の面を精神力で補えるでしょ)
1試合通して試合に集中することができないと、どんなにテクニックがあっても戦えないぞー!
特にJ2ではなおさら。
しかも、愛媛FCは個の力よりも組織力で戦うチームなので、そこは重要ですよ。
まぁ、毎度おなじみREDSPRESSでは

《大山俊輔》
「祐三さん(南)からも話を聞いて、試合に出る手ごたえや充実感は祐三さんの言葉から感じられたので、
僕にもそういうチャンスがあるのならば、チャレンジしたいという気持ちが固まった。」
〔from REDSPRESS〕


というコメントを残してるので、きっとやってくれることでしょう。

ちなみに選手間では「ヤマ」と呼ばれてましたが、山田暢久とかぶるのでサテライト時のみ??
下の子達はなんて呼んでたっけ?
「ヤマさん」だとどっちかわかんないよなぁ…
愛媛では「おーやん」と川北さんが叫んでいたとの情報をキャッチ。
新しい(゜ン゜)
っていうか、川北さんが「おーやん!」って叫んでるとこが普通に想像できてウケるw

いつかのMDPで中村GM(当時は強化担当)が語ってたので失笑したのが、

『あいつは寮に入れてよかったと思う。それまでは私生活がひどかったからなぁ』


的なニュアンスのコメントw
お、大山君…どんな私生活ですか…?!
ま、トップ昇格してからも同期の寮生らに
「いつも大山は門限ギリギリまで部屋にいない」
と言ってましたが、おそらく彼はずっと浦和で育った選手ですから
地元に友人も多く、遊びに行く機会が多いってことなんでしょうね。

もともとユース時から人気のある選手でしたが、
トップ昇格後の大原では女子高生からの人気を独り占めに(゜ン゜)
通っていた高校が大原から近かったこともあって、よくキャーキャー言われてましたね。

あ、ちょっとイメージが下降気味ですか…?
でも、そんなエピソードにそぐわず、大山君はものすっごい几帳面です
寮の部屋がきれいなことでも有名だったそうですが、
それよりも、大原で目にした光景の方が私的には驚愕でしたね。

ohyama050505.jpg

レッズでは、伸二が新人だった頃の行動が発端で、
新人選手たちが練習後の用具片づけをやることになっているのですが、
柔軟をする時に使うマット。
あれをみんなが適当に重ねてドサーッて持ってきたのを
一枚一枚角と角をきちっとあわせてキレーイに重ねてました…
そして、ボールや給水用アイスボックスをひとつひとつバランスや
荷崩れがおき難いようにリヤカーに順番に積みこんでました。
たまーに他の選手が積み込みをやって、ボールを一番最後に積んだがために
リヤカーを引っ張ろうとしたらボールが落ちちゃって…
そんなことになろうもんなら、大山君もう不機嫌…不機嫌ですよ…
いやー…部屋とか勝手に入ってなんか触ったりとかしたら烈火のごとく怒るんでしょうね(゜ン゜)

が、そんな彼…部屋を荒らされない方法を知ってます。
それは…
『夜更かししないこと。』
主に同期の赤星が他人の部屋を荒らす(人の部屋で好き勝手する)根源だったようですが、
主にやってくるのは夜。
そんな時彼は既に…寝ていたらしい。
で、赤星は近藤君の部屋に行く、と。

じゃ、次は近藤君。

その2へ続く…
14 : 38 : 51 | がんばれ大山君! | TB(0) | Comment(4) | UP↑

57

今年の参戦計画を練ってるとこなのですが、
なにしろ今年は本家の浦和自体がJ2並みの試合数をこなさなきゃなので、
とりあえず、金銭的な問題は置いておいて、行きたい試合、且つ、行けそうな試合を
全部カウントしてみたら57試合もありました…
しかも、レッズがナビ、及びACLの決勝トーナメントに進んだ場合はもっと増えますし、
今年は代表戦(A代表及び五輪代表)もいくつか行っておきたいので…

ただし、今年は転職することになりました。
一応3月を目処に今の会社を辞める予定です。
となると、転職先での有休の関係とかで身動きが取れなくなる期間があるかも…
原則的に土日休みってのは譲れない条件ですけどね。

第1クールの参戦予定

 第1節  3月3日(土)  14:00 (A)徳島 鳴門
 第2節  3月11日(日)  14:00 (H)東V 愛媛陸
☆第3節  3月18日(日)  16:00 (A)鳥栖 鳥栖
 第4節  3月21日(水・祝)14:00 (H)水戸 愛媛陸
★第5節  3月25日(日)  16:00 (A)平塚 平塚
 第6節  4月1日(日)  16:00 (H)仙台 愛媛陸
★第7節  4月8日(日)  13:00 (A)山形 べスパ
 第8節  4月11日(水)  19:00 (H)C大 愛媛陸
◆第9節  4月15日(日)  13:00 (A)福岡 博多の森球
 第10節  4月21日(土)  16:00 (H)京都 愛媛陸
 第11節  4月25日(水)  19:00 (H)草津 愛媛陸
☆第12節  4月28日(土)  14:00 (A)札幌 札幌ドーム
 第13節  5月3日(木・祝) 休み

★が参戦予定
☆が参戦希望
◆は…悩み中です…



国立で柏戦か、博多の森リベンジか…
博多の森での試合には思い入れがある&4月15日は私にとって特別な日なので、
この日はどちらに参戦するのか慎重に判断しなきゃです
10 : 39 : 08 | 遠征記 | TB(0) | Comment(4) | UP↑

| ホーム |

プロフィール

   Diablo Rojo

Author:Diablo Rojo
(ディアブロ・ロッホ)
Diablo Rojo:スペイン語で赤い悪魔の意味。
浦和レッズの選手として大好きだった千島選手が移籍してしまい、その勇姿を追うために始めたブログです。
いつまで続くかわかりませんけど、気のすむまでやってみようと思います。

 With Might and Main

    『全力を尽くして』


本家の浦和系ブログは⇒コチラ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。