スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

vs.山形戦 雑感

昨日やっと録画を見ました。

私は今回始めて愛媛FCの試合をきちんと見たのですが、おもしろいですね。
いいサッカーしてると思います、私好みの(゜ン゜)
まー。要するに攻撃大好きの前へ前へサッカーなんですけど。

試合を見ていっちばん最初に感じたのが、
『若い-』
ってことですねw
U-23の試合を見ているよう。ゲーム運びもプレーも態度も。
実際に北京世代の選手が多くいるみたいだけど。
それだけに、すごく気持ちがプレーに表れてるなと。
いい意味でも悪い意味でも。
2失点目のシーンなんてその典型。
もし、このチームの真ん中、もしくはDFライン(こっちがベストかな)に、
ものすごく落ち着いてて、まわりを鼓舞し、チームを統率することができる選手がいたら、
このチームはかなりいい試合をするんじゃないかなと思いました。
それが、友近さんであり、羽田さんなのかな??
この二人がいるゲームを知らない私にはなんとも言えないのですが。

何の偏見も無い状態で試合を見て感じたのが、
いくつかの約束事をものすごくきっちりと守ってるな、ということ。
・ボールは必ずワンタッチからツータッチでまわす事
  →まわしてまわしてギャップを作ってサイドが前に抜けていく。スピードを殺さないためですかね。
・DFはトルシエのフラットスリー並にライン統率重視
  →ゾーンディフェンスですよね?
  →セットプレーもゾーンなのでちょっとそれは心配…
  →だからフッキやレアンドロなどスピードで勝負するタイプに弱い
   山形戦でのレアンドロの2点目は、完全に集中力の欠如。
   セルフジャッジは危険だよ。手を上げながらも笛が鳴るまではきちんとプレーしなきゃ。
   高萩君しか行ってなかったよ。
   ラインで守るのが基本だけど、相手のエースからは目を放しちゃだめです。
   (それはゾーンとマンツーマンのミックスっていう次の段階なのかな?)
ルーズボールは必ず取りに行け
  →これはホントすばらしかったです。
   必ず早い段階から2人でプレスに行く。基本だけど大切なことです。
・中盤でボールを奪ったら迷い無くゴールを目指すこと
  →これが好きなんですよねー♪
右サイドからの攻撃偏重あり。
  →これに、ハーフを越えてからのサイドチェンジができるようになって、
   もっと左右に振れるようになったら、もっとおもしろくなりそう。
攻撃は必ずシュートで終わらせること
  →パスコースが見えなければ、遠くともシュートを打て。
  →なにはなくともシュートを打て!
  →何よりも大事なことです。
   打たなきゃゴールは決まらないし、打てば相手DFに当たってコースが変わって入っちゃうかもだしね。

そんな感じですかね。実際はどうなのかは知りませんけど。
でも、上に書いたようなことを選手全員が共通意識として持ってる感じがするんですよ。
それってすごいことだと思うんだけど。
それから、解説の小島さんも言ってましたけど、ほんとによく走る。
誰一人としてサボらない。
でも、まだそれは決まりごととしてやってる感があって、考えて走ってるのではないのかな、と。
ペース配分ができてなくて、ちょっと無駄が多い感もある。
あとから入った千島がまるでサボってるかのように見えるほどw
(まだスタミナがないから無駄には走らない。)
だけど、それが相手チームに対しての脅威であることも確かなんだよね。

望月監督(通称モッチー?)の試合後のコメントを見てもわかる通り、
各チームのユース育ちのエリートを集めながらも、
個々の力に頼らず、ものすごく『愛媛FCのサッカー』というものを確立しようとしてるんだな、と感じました。
そして、この望月監督に対する選手の信頼は相当なものだな、とも。

高萩君・松下君・ミノルーニーくらいしか顔と背番号とプレーが一致してないので、
見ながら背番号を確認して、名前を確認しながら見てたのですが、
8・25・27・33がよかったですね。
8番は浜岡選手。(ハマちゃんって呼ばれてる人だね)
33番は田中選手ですか。(サンフレ組だね)

GKの川本君はトリニータの西川君に背格好が似てるなーと思ってたら、ホントにトリ出身だった…
まぁ、背格好は関係ないだろうが。
彼はちょっと飛び出す傾向があるね。コンスタントに出場しているわけではないのかな?
もっとDFを信頼してコミュニケーションとって、飛び出さずにDFにコース切らせるようにしないと、
飛び出してボールに触れなかった場合(飛び出す以上は最低でも触らないとだめだけど)
ゴール前がら空きですよ…
後半に入ってセットプレーを防いでからは、グローブをはめた手を口元に当てて、
何かしらDFに指示を飛ばしてるらしい姿が見えましたけど。
その前に高萩君になにやら言われてましたけどね。
PKを与えてしまった上に退場になってしまった井上君の肩を抱き、
なにやら言ってからゴールマウスに立つ姿は、なかなかかっこよかったですよ。
「気にするな。俺が止めて見せるから」
とでも言ってたんですかね。大事だよ、そういうの。

それから千島のこと。
晴れて後半27分にミノルーニーに変わってピッチへ。
そのままミノルーニーがいた右サイドに入るのかと思いきや(実況さんもそう言ってたんだけど…)
いつの間にか左サイドに行ってる。
いきなりボールをかっさらってサイドを抜けるかってとこでヒールパス
こらこらw挨拶代わりもいいけど、感じてもらえてないよ…通ればおもしろかったけどね。
他にも、裏に抜け出す江後君へのスルーパスもなかなか。
今回はデビュー戦ってこともあってか、ボールを散らしたり、パスを送ることに徹したみたいだけど、
やっぱり一瞬で相手を抜き去る力・スピードには、おおっ!って思ったから、もっともっと勝負してほしいなぁ。

しばらくはサブ組と練習試合に出てたりしてたみたいだから、
あんまりトップ組との連携が取れてなかったのもしょうがないかなと思ったけど、
もっともっとまわりのプレーを把握して、自分のプレーもわかってもらえるようになったら、
このアグレッシブなチームにおいてはすごく生きるのかもしれないって思った。

以上が、初めて愛媛FCの試合を見た私の雑感です。
いつも愛媛FCを見守ってる愛媛サポさんはどう感じられたでしょうか?
スポンサーサイト
14 : 14 : 02 | ちっしー元気? | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<愛のあるパスv | ホーム | 公式戦デビュー>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

   Diablo Rojo

Author:Diablo Rojo
(ディアブロ・ロッホ)
Diablo Rojo:スペイン語で赤い悪魔の意味。
浦和レッズの選手として大好きだった千島選手が移籍してしまい、その勇姿を追うために始めたブログです。
いつまで続くかわかりませんけど、気のすむまでやってみようと思います。

 With Might and Main

    『全力を尽くして』


本家の浦和系ブログは⇒コチラ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。