スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

vs.横浜FC戦

その点では、愛媛も前半戦途中でのてこ入れが既に実を結びつつある。前節は今季途中加入のDF松下が初得点をあげたが、彼の加入で愛媛の左サイドは攻守に安定感を増してきた。また、27節の山形戦で初出場となった新加入のMF千島も、途中出場ながらサイドを基点に愛媛の攻撃にアクセントをもたらしている。
(J’s goal マッチプレビューより)


スタメン発表
愛媛FC横浜FC
GK 21 川本 良二
DF 15 森脇 良太 
DF 5 星野 真悟
DF 7 金守 智哉
DF 28 松下 幸平
MF 17 石丸 清隆
MF 25 萩 洋次郎
MF 16 赤井 秀一
MF 27 菅沼 実
FW 18 江後 賢一
FW 33 田中 俊也

【SUB】
GK 35 川北 裕介
MF 13 関根 永悟
MF 23 井上 秀人
MF 32 千島 徹
FW 24 田村 祐基

【監督】
望月 一仁
GK 21 菅野孝憲
DF 18 小野 智吉
DF 2 早川 知伸
DF 13 鄭 容臺
DF 19 小林 宏之
MF 10 内田 智也
MF 6 山口 素弘
MF 14 吉野 智行
MF 8 アウグスト
FW 7 アレモン
FW 11 三浦 知良

【SUB】
GK 1 小山 健二
DF 5 室井 市衛
MF 4 崔 成勇
MF 29 滝澤 邦彦
FW 9 城 彰二

【監督】
高木 琢也

うーん。やっぱりベンチスタートか…
まだまだ運動量に不安があるのかな?
もっちー的には、後半に相手の足が止まってきたときに入れる攻撃の切り札って位置付けなのかな?
まだそういうプレーは見せてないけど、独りでも切り込んでシュート打てるしね
まぁまずはそこからだよな。
それで数多くの得点機会に絡めるようになったら、そしてビルドアップができるようになったらスタメンも見えてくるかも?
国立でのヴェルディ戦では、できるだけ長い時間ちっしーのプレーが見たいから、
今日の横浜FC戦で活躍してくれることを祈るのみです。


相手の横浜FCには、かつてのチームメイト
市衛さん、吉野選手、コバ、同期入団の早川選手、ユースの後輩秋葉選手と縁のある人がたくさんいます。
(GKコーチは田北さんだしね)
成長を見せなきゃですね!

7/30 試合雑感追記

7月26日(水) 2006 J2リーグ戦 第30節
愛媛 2 - 2 横浜FC (19:04/愛媛陸/4,624人)
得点者:'4 菅沼実(愛媛)、'23 オウンゴ-ル(横浜FC)、'76 アレモン(横浜FC)、'84 田村祐基(愛媛)

後半13分 赤井 秀一 → 千島 徹

入って早々、まだポジションにもついてないのにドリブルを仕掛ける
ポジションは右の2列目。コバとのマッチアップ。
64分 コバの攻撃を止める
69分 山口に歯が立たず
70分 ミノルーニーにクロスあわず
71分 こぼれ球に飛び出すもゴールをそれる
73分 アウグストからカット
76分 コバを止められずクロスを上げられる。折り返されて失点。

試合終了後 イチと会話


*7/30 試合雑感追記
木曜の21:30からやってたスカパーでの再放送を見ました。

えー。芝生が…芝生がぁぁぁ…
まぁ、しょうがないですね。だいぶ雨が降り続いてたようですから。
ただ、あの芝生を見たときに一番に思ったことが…
「湿度80%。荒れた状態の芝生。仮想インドネシア。ACLで戦うためにはこういうとこで練習した方がいいのかも(゜ン゜)」
レッズと愛媛。明日の試合を終え次第、練習場を交換した方がいいのかも!!

なんて妄想は置いといて、
いやー、いい形で先制しましたね!
時間帯的にも、ゴールまでの流れ的にも。
低いコースを選択した高萩君。つめてたミノルーニー。えらいっ!

2得点目も、交代で入った選手がきっちり仕事をしたというのがうれしいですね。
試合後のコメントを読んだ限りでは、田村君もきちんと考えてポジション取りをしていたようですから、
果敢に攻めあがっただけでなく、きちんとその田村君のポジションが見えていた森脇君も誉めてしかるべきですよね。

失点については、1点目は明らかにDFとGKの連携ミス。
あれはきちんとGKがコーチングしてあげないとDFがかぶっちゃってましたからね。
GKはきちんとコーチングしてたのにかぶったのだとしたら、それはそれでまた問題ですが…

2失点目については、実はその起点に千島が絡んでたりします…
コバとマッチアップだったちっしー。
そのコバに左サイドを駆け上がられ、それを防ぎきれずにクロスを上げられてしまいます。
で、それを折り返され、ゴール前で混戦になったところで、
うしろから駆け上がってきたアレモンに誰もついておらず決められてしまった感じです。

どちらも防ごうと思えば防げた失点でした。
でも逆を言えば、現在2位の横浜FCに対し個の力で力負けした試合では無かったって事ですよ。
そういうところできちんと決めるのが強さだと言われればそれまでなんですが…
スポンサーサイト
17 : 11 : 18 | 愛媛FC | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<本家より千島関連エントリーリンク その2 | ホーム | こまごま千島ネタ>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

   Diablo Rojo

Author:Diablo Rojo
(ディアブロ・ロッホ)
Diablo Rojo:スペイン語で赤い悪魔の意味。
浦和レッズの選手として大好きだった千島選手が移籍してしまい、その勇姿を追うために始めたブログです。
いつまで続くかわかりませんけど、気のすむまでやってみようと思います。

 With Might and Main

    『全力を尽くして』


本家の浦和系ブログは⇒コチラ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。