スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

『気持ちの問題』の意味

松山から帰ってきてから、完全なる夏風邪でゴホゴホ言ってるdiablo rojoです…
オレンジスポットにて購入した千島タンブラーを早速使ってますが、
中に入っているのがポカリな私を許してください…
(だって安かったんだもーん…)

-------------------------------------------------------------

試合のことについて少し書きましょうか。

点の取り合いとなった四国ダービー3ラウンド目。3-3のドロー。

最高の軌道でトシヤに渡った高萩君のクロスから生まれた1点目。
よくそこから打つことを選択してくれた!と誉めてあげたいトシヤの2得点目。
千島のシュート気味のボールを、最高な場所に詰めてた高萩君が決めた3得点目。
千島!!結果としてアシストを記録!!
が、yasuさんによれば2失点に絡んでたそうで…
湘南戦でも失点に絡んでたしなぁ。
でも愛媛新聞にでてたコメントでは、その辺よくわかってるみたいだから、
次はゴールで取り返していただきたい。
結果をきちんと残すことでしか、スタメンを勝ち取る方法は無いのだから。

でも、1得点目は、今まで同様、サイドからの突破が勝負を決めた得点だったけど、
2・3得点目は今までにはあまりなかった形ではないかな?
(初期の頃の試合を私は見てないので、なんとも言えないけど…)

じゃ、何で勝てなかったのか。

私にいわせれば、
『やっぱり若いチームだからねー。』
ってことになる。

それは、チームもサポも。

高萩君が決めた3得点目。
久しぶりの得点だったから嬉しいのもわかる。
キャプテンマークをつけたことで、やってやろう!とも思ってただろうし。

でもね、あの瞬間、みんな『勝った!!』って思わなかったか?!
残り時間は逆転されてもおかしくないくらい十分残ってたのに。
もう1点取りに行くのか、その勝ち越し点を守りきるのか。
ちょっと意思の統一ができてなかったように思う。
そして、わずか4分後に失点。
失点して追いつかれてからは完全に気持ちが落ちてるように見えた選手もちらほら。
ロスタイムは3分。
3分あれば1点取れるのに。

『ガンガン応援したいならバック。まったり見たいならメイン』
と言われてたので、90分間跳んで声を出して戦うよりも、今日は千島&祐三を見届けることが使命の私たちはメインを選択したわけですが、
やっぱりそれは赤サポの性なのか、座っていようが手拍子と声は必須って思ってたんですよ。
でも、『座っていても90分間手拍子と声出し』はどちらかと言うと『ガンガン応援』の部類に入るみたいですね。
斜め後ろに座ってた小学生くらいの男の子たちにジロジロ見られました…
たまにクスクス笑ったりしてたので、ハーフタイムにとっ捕まえてケンカ買ってやろうかと思いましたが
それはあまりにも大人気無さ過ぎだし、EFCのホームスタジアム初心者はこっちの方なのでぐっとこらえて我慢w
シカトして応援しつづけました(゜ン゜)
幸い、後ろに座ってた男の子と女の子とお母さんの親子連れが比較的熱心に応援をしてくれていたし、
隣に座ってたお姉さんも一生懸命手をたたいてましたしね。
(試合後に判明したことですが、なんとオレンジスポットで私が千島タンブラーを買ったときに応対してくれたお姉さんでした)
で、トシヤの2点目で追いついたシーンではあまりにも盛り上がりすぎて、友人とハイタッチしたあと、その隣のお姉さんとうしろに座ってた男の子にも手を出したら、男の子に思いっきり「なに?」って顔をされましたが、お母さんが乗ってくれて事なきをえましたw
うーん…まだまだそういう文化って根付いてないのね…

最初は声出しもちょっと遠慮がちにやってましたが、
その2得点目以降はいつものゴール裏音量ぐらいに声出てたかも…
いつものごとく「来いよー!」だとか「勝負!勝負!!」とか「マイボール!」とかって叫んですらいたし…
でもトシヤの2得点目が決まってから高萩君の3点目が決まるまでの間(失点するまでかな?)
周りの人々も結構つられて大きな声出してくれてましたよ。
後ろ向いて煽ったらコールリーダーになれるんじゃないかってくらいメインの応援引っ張っちゃってたかも(゜ン゜)?!

だから、サポーターにとってはなんともやりきれない引き分けになってしまったけど、
今日初めてEFCの試合を見た人や、初心者さんには面白い試合だったなじゃないかと思いますよ。

愛媛サポの方々が
『勝てた試合だった』
とピリピリしてる中、
『でもいい試合だったじゃない』

と思ってしまう私は、やはり本当に愛媛サポではないのだなぁと思う。

賭ける思いは浦和へのそれとは比べ物にならないようだ。
私は愛媛FCを応援している浦和サポでしかない。
どうしても浦和を中心に比較する形で考えてしまう。

でも、千島がEFCのために戦ってる以上、EFCが好きだし、
少しでも上の順位に行って欲しいと思ってはいるから、
ものすごく上から目線みたいな言い方で申し訳ないと思うけど、
EFCのためだと思うから、あえて書かせてもらう。

第3クールも半分を過ぎたあたりで、
僅差で敗れた試合に対してサポーターが不満に思い、
拍手で迎えることを疑問に感じ始めたのはすごくいい傾向だと思う。
『勝ちたい!』
そのサポーターの思いさえあれば、EFCはきっと強くなっていける。

でも、あのコールの仕方では周りの観客はついていけないよ。
たぶん、国立でやってた方とは違うコールリーダーさん?

『勝利に向かって突っ走れ~♪』みたいなコール、音程高すぎ。声が出ない。
それから、タオル回すやつ、長すぎ…
何か意味があってロングコールを選択してたのだとしたら申し訳ないのだけど、
タオルまわすのって案外疲れるんだよね。
だから、ロングコールになるとだんだんと手を上げ続けられなくなって、
それにつれて声の音量も落ちがちになる。

上にも書いたけど、高萩君が得点したあと
『もう1点取りに行くぞ!』って気持ちは
サポからも煽ることは可能だったはず。
『行くぞ!』ってコール無いのかな?
国立でやった
『愛媛がゴールを決めたなら-♪』
ってやつは違うのかな?

たかが1度、ホームの試合にきたやつに言われたくないって思うかもしれないけど、
スタジアムが盛り上がっていれば『また来たい』と思うお客さんも増えると思うし、
そのスタジアムの雰囲気作りを担っているのは、選手たちのがんばりとゲームの内容だけじゃなくて、サポが作るスタジアムの空気も大事だってことを忘れないでほしいのです。
最初のうちは『またあのコールが歌いたい!』みたいな動機だっていいじゃないですか。

それに、チームが若くて、気持ちのオン・オフで試合が左右されてしまうのなら、
その気持ちを乗せるためのサポートをするのがサポーターでしょう?

批判・反論大歓迎。
本気で愛媛FCの応援を盛り上げていきたいんだって思ってる方に読んでいただけたら幸いです。
スポンサーサイト
10 : 41 : 53 | ちっしー元気? | TB(0) | Comment(9) | UP↑

<<楽しかった遠征~都築さんに贈る祐三レポ~ | ホーム | 愛媛の人には愛がある>>
コメント

初めまして。
愛媛サポの、姫だるまと申します。
ちっしーが愛媛に来てからいっぺんでファンになり、色々検索していてここに辿り着きました。
温かみのある文章とわかりやすい内容で、それ以来Diablo Rojoさんのブログを楽しみにいます(^^)
今日の内容は、まさに私の心の叫びを書いてくださったようで、ほーよほーよほーなんよ(←方言:意味:そうだそうだその通りだ)とうなづきながら読みました。
私は、病気による貧血症のため長く立っていられません。だからバクスタには行けないので、メインで手拍子と声出しして応援しています。気持ちはバクスタのひとびと

by: * 2006/09/05 11:08 * URL [ 編集] | UP↑

途中で切れました。スミマセン(^^;;
気持ちはバクスタに人々と~同じです。
昨年、天皇杯で初めて浦和の応援を見て圧倒されました。
メインだろうとバックだろうと、老若男女みんなそろって応援する光景は壮観でした!
愛媛もいつかあんな風になれたらと思います。

また、追いつかれた試合展開を、若いチームだからというご意見もナルホドと思いました。
逆転して安心していたのではいけませんね。愛媛はまだまだでした。とっても参考になりました。
今度、来県される際は是非メインでコールリーダーをやって下さい!私も参加します!
by: 姫だるま * 2006/09/05 11:26 * URL [ 編集] | UP↑

関東でタイコをたたいているアイシテルです。
お疲れ様でした。お体をお大事に。この頃の風邪は
ウイルスの可能性が高いので必ず医者にかかって
くださいね!

今回は参戦することが出来ず、非常に申し訳ない気持ちで
一杯でしたが、Diablo Rojoさんの貴重なご意見を聞かせて
いただいて非常に勉強になると同時に、
「自分は何やってんの?」と改めて思いました。

またHOMEでもアウェイでも愛媛FCの試合にお越し
下さいませ。(ひっそりとHOMEに行くつもりですけど)
by: アイシテル * 2006/09/05 20:18 * URL [ 編集] | UP↑

本当に貴重なご意見ありがとうございます。
その通りだと思いながら読ませていただきました。

私はいつもメインで観戦しているのですが、
声出したいのに出せない・・・みたいな空気が確かに
あります。

勝てる試合を落としてしまった時でも
キャーキャー言いながら拍手している
人を見た時も「なんで負けたのに
嬉しそうなの・・・?」と
ストレスを感じてしまう時も
度々ありました。

J1年目だから仕方ないのかな?
と自分に言い聞かせてきましたが、
どうにかして選手をサポートしたいって
気持ちが自分にある事に、
今回改めて気づきました。

初観戦に来る人は、TVで見る代表の試合のような
イメージで応援に来る人も結構いるんじゃないかな。
なのに「以外と盛り上がってない」
って思う人が多いんじゃないかな。
「また来たい」って思ってくれないんじゃないかと
少し心配になってました。

バクスタだけじゃなく、スタジアム一体となって
コールしたい人って結構いるんじゃないかと思います。
リーダーの方、そろそろ何か考えても
いいんじゃないでしょうか?
(他人任せでゴメンナサイ)

追伸、私も浦和大好きです!
昨年の天皇杯はもちろん、
近県での試合はできる限り見に行ってます。
浦和のようなチームになるには
随分時間がかかるかと思いますが、
愛媛も少しずつでも愛媛らしく
着実に前に進んで行ければと思います。

Diablo Rojoさん。
またぜひ愛媛にお越し下さいませ!
お待ちしています。
by: しゅう * 2006/09/05 21:11 * URL [ 編集] | UP↑

>姫だるまサマ
初めまして。コメントありがとうございます。
文章…読みにくくないですか…?長いですよね…w
気をつけようとは思ってるのですが、いつも気が付くと激長になっています…

いろいろと事情があって、クルヴァやバックスタンドには行けない方はいらっしゃいますよね。
でも、応援したいんだって気持ちを持った人がいる限り、どこの席だって応援はできるんです。
もちろん、まったりサッカー観戦したいって人もいることは否めないので、ある程度の住み分けは大事ですけど。
なので、私たちもメインBゾーンの中でも端っこのほうに座ってました。
最初のほうこそ、どちらかが休むともう一方のひとり分の声しか聞こえない~って感じでしたが、
ゲームがヒートアップするにつれ『お!いるんじゃん!声出る人!』って感じで、徐々に増えてきてました。
あったりまえに声出してる人がいれば、結構まわりも出してくれるもんなんですよね。

残念ながら私はコールリーダーになることはできませんよw
コールリーダーになる人は、ホントに愛媛FCを愛してて、
ホーム・アウェイどこへでも愛媛FCの為なら行っちゃうぜ!!
って人であるべきだと私は思ってるからです。
私は、単に応援慣れしてる愛媛FC好きな浦和サポに過ぎません。
でも、誰かひとりでも声をあげる人がいれば、必ずまわりにもそれに応えてくれる人がいるはずです。
姫だるまさんも今もってる気持ちを大切に、メインでも応援を続けてください。
集まらずとも声をあげられる気持ちを大切にしてください。


>アイシテルさま
ブログ、愛媛FCサイドが独立したのですね♪
その心意気が素敵です。
ご心配ありがとうございます。
大丈夫です、毎年これくらいの時期になるとこうなるのでw
のくせに、浦和のゴール裏に通いつめ、先生に「なかなか治らないねぇ」と心配させています…

私はまだ愛媛FCのウルトラス事情をよく知らないので、
どこにどう意見を言ったらいいかわからず自分のブログで吼えてるだけですが、
応援のリードを担ってる方に読んでもらえて光栄です。

国立での試合はすごくやりやすかったですよ、応援。
おそらく、初心者や赤い人が多いことを考慮してか、大体決まったコールしかやらなかったですよね。
しかも、なるべく歌詞が少なく、繰り返すうちに覚えられるものを選んでたのかな、という印象を受けました。
テンポもよかったですし。
まぁ、試合のテンポもよかったですから、一概に比較はできないですけど、
その試合の次に生で参戦した試合だっただけに、「あれ??」という思いが拭えませんでした。

今年はもう無理かもしれませんが、次にまた生で参戦する機会があれば、KANTOの方にはご挨拶させていただきたいですね。
でも、もう少し千島がレギュラー争いに絡んできたら、もしかしたら浦和サイドとのバランスを考え出すかも…?!


>しゅうサマ
初めまして。コメントありがとうございます。
やっぱり、できることならば、声を出し選手を鼓舞したい人はクルヴァに集まるべきだと思いますよ。
スタジアム全体に闘志を求めるのは、やはり酷というもんです。
ある程度の応援エリアと観戦エリアの住み分けは必要だと思います。

でも、ゴール裏が呼びかけて、メインもバックもコールに応える柏の日立台や
スタジアム側が煽って360度が歌う新潟のビッグスワン見たいな例もありますから、
それぞれの努力しだいでいくらでも愛媛FCのスタイルは作っていけるわけですよね。
ただ、『もっと応援を盛り上げましょう!』と呼びかける側には大変な努力が必要になります。

もし、しゅうさんが本当に『もっと何とかしたい!』と思うのであれば、自分から動くべきですよ!
文章を読む限りなんだか葛藤が伝わってきますしw
それは、クルヴァに参加しに行く形でもいいし、
コールリーダーさんに「もっとメインでも応援したいんで、こっちにも呼びかけてください」って言うんでもいいし、
まわりに歌詞カードを配ってみるんでもいいし。

まだまだウルトラスさんのほうだって試行錯誤の途中なはずです。
まだ1の段階からそういうのに携われるって素敵じゃないですか。
みんな愛媛FCが大好きな人たちなんですから。
by: Diablo Rojo * 2006/09/06 15:12 * URL [ 編集] | UP↑

遅くなりましたが、
愛媛遠征お疲れさまでした!
私のカキコミも砥部までの道中で
読んでもらえたとのことで安心しました…。

さて、“ゴミの持ち帰り”のことですが、
やはり事業ゴミにかかるコストの問題で
事務局がそう決めていると思われます。
マッチデープログラムについては
スポンサーが袋を用意する時もありますが、
毎回ではありません。

ゴミになるようなものを配ったり、売ったりしてる以上、
せめて1人1人にゴミ袋を配るなどした方が
個人的にも良いと思っています。
事務局サイドと詰める必要がありますね。

でも、ゴミに関するマナー、
特にメイン側は激ワルなのが現状です。
バックスタンド側は、持ち帰ったり、拾ったりしてくれる
固定客のサポーターさんが多いので
驚くほどキレイなのですが、
メイン側はいつも試合終了後は、
そこ全体がゴミ捨て場状態になっていて困ってます…。

FCサイド、お客さま両者がゴミについては
考えなければいけないと感じてます。
by: タカツキアキラ * 2006/09/07 00:11 * URL [ 編集] | UP↑

はじめまして。KANTOのくいっぽと申します。
アイシテルさんの同志です。

以前からブログを拝見しておりました。
ホームの状況を実に客観的に書いていただいたと思っています。

愛媛の場合、メインとバック、クルヴァの「見易さ」が圧倒的に違うので、声出したいけど見やすいところでという欲求が「メインまでコールリーダーが来て欲しい」という発想になっているようです。

ウルトラもホーム、関東と連携を取ってなんとかいい方向に持って行けるように頑張ります。
気がつくことはドンドン言ってください。
by: くいっぽ * 2006/09/08 00:37 * URL [ 編集] | UP↑

>くいっぽサマ

初めまして。コメントありがとうございます。
天皇杯で愛陸にお邪魔した時はクルヴァでの参戦だったのですが、
確かあそこ、地面がスロープになっていて跳びにくいんですよね(^_^;)
片足だけ変な風に筋肉痛になったのを覚えています…
今回はベンチとアップゾーンが見たいがためにメインを選択したので
バックスタンドだけ未経験なわけですけど、たぶん、高さがメインより低い分、
国立のバックスタンドの前の方の席に座った感じの視界でしょうか。
逆サイドがあんまり見えない感じですかね。

私があのエントリーで一番言いたかったのは
あのコールリードでは他がついてこないんじゃない?
てことだったのですが、
バックだけじゃなくメインでもどうしたら応援が盛り上がるか。
みたいな論調になってきちゃいましたね。

それはそれで、いいことだと思うのですけど。

関東アウェイでのコールリードとホームでのコールリードは別の人がやっている。
という認識でいいのでしょうか?
コールリードだけじゃなく太鼓も?
それとも、別の人がリードしてるんじゃなくて、『一緒に加わっている』のでしょうか。

ちょっとその辺がわからないのですが…

応援についての考察は、新しくエントリー立てて書いた方が良さげですね。
下がってきちゃったので。
by: Diablo Rojo * 2006/09/08 14:06 * URL [ 編集] | UP↑

>タカツキアキラさま
うわっ!失礼なことを…
レスを飛ばしてしまいました…すみません…

やはりコストの問題なんですかね。

マナーに関しては埼スタも同じです。
でも、うちに関していえば勘違いコアサポのアウェーでの負け試合のあとが半端ないです…

これからもボラスタとして愛媛FCを支えていってくださいね。
by: Diablo Rojo * 2006/09/08 23:58 * URL [ 編集] | UP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

   Diablo Rojo

Author:Diablo Rojo
(ディアブロ・ロッホ)
Diablo Rojo:スペイン語で赤い悪魔の意味。
浦和レッズの選手として大好きだった千島選手が移籍してしまい、その勇姿を追うために始めたブログです。
いつまで続くかわかりませんけど、気のすむまでやってみようと思います。

 With Might and Main

    『全力を尽くして』


本家の浦和系ブログは⇒コチラ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。