スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

ベルマーレさん。がっかりです。

試合のことじゃないんで、上げようかどうか迷ったのですが、
やっぱりモヤモヤした思いが収まらないし、
間違っても愛媛FCのホームゲームでこんなことが無いようにって思いも込めて上げる事にします。

開門直後にスタジアム付近についた私。
初平塚競技場だったので、アウェイ入口がどこかわからず
とりあえずメインスタンドの入口のとこまで行っちゃいました。
そこでスタッフさんに聞こうにも、なんだかまったりしていて、
スタッフらしき人、関係者らしき人、一般人?みたいな人たちがゲート前で雑談してて、
対応してくれそうなスタッフが見当たらない…

しばらくして談笑の輪から離れたスタッフパスを首から下げた人を見つけ
「すみません。アウェイ側の入口はどこですか?」
と聞いてみる。
と、「アウェイ側?」と…

「ア ウ ェ イ 側 で す ! 愛 媛 側 で す !」

営業スマイルで応酬。
「アウェイ側はぐるっと戻って5番ゲート。アウェイ側って書いてあったと思うけど。」
いんや、書いて無かったですよ!と思いつつも、
「行けばわかりますか?」
「ありがとうございました。」

と一応丁寧に挨拶をして来た道を戻る。

私が迷ったあげくにメイン側に行くことを選択した地点まで戻って、
結局逆側を選択すればよかったことに気付く。
っていうか、この地点にスタジアムのゲート案内図と
『←メインスタンド入口』『バックスタンド入口→』って案内板立てればいいじゃないかよー!!

少なくとも、オフィシャルで案内されてるアクセス方法で競技場に向かうと、
基本的にはこの方向からみんな来るんだからさー。

若干ムッとしつつも、札幌もそうだったしなーと、
自分がJ2仕様の運営に慣れてないから悪いのかもと思い直す。

が…

試合後、祐三へのお誕生日プレゼントも含め、
選手へのプレゼント及び差し入れをスタッフ経由で渡してもらおうとしたのですが、

ベルマーレ運営側の不手際で渡してもらうことができませんでした。

出待ちエリアの状態からして、バスが出て行くのをお見送りすることしかできないのはわかっていたので
できれば愛媛FCのスタッフさんに直接渡せないものかと思いつつも、
最終的にはベルマーレ側運営スタッフ経由で渡してもらおうとお願いしたのですが、
そのプレゼントや差し入れ、お手紙やらが選手の元に届く前にバスが発車してしまったんですね。
頼んだ方がシミスポのおにーちゃんだったので、おそらく上に判断を仰いでの行動だったと思うのですが、
何のためのトランシーバーなのかと…orz

対戦相手のバス発車口にバイトのにーちゃん2人しかいないっていう状況もどうかと思いますけど、
(しかも、出発直前に来たのでお願いするチャンスも無かった。それまでは無人に近い状態…)
運営もさる事ながら、そのあとそのプレゼントたちの行方を追って
ベルマーレ側運営スタッフに松下組のあおばさんと私で掛け合った時の対応が、
私的にはものすごくがっかりでした…


近くにいたシミスポのお姉さんに事情を説明し、プレゼントたちの行方を追ってもらったところ、
多分担当エリアのグループ長みたいな男性経由でプレゼントたちを返してもらって、
何でこんなことになったのか事情説明を求めたら少々待たされ、
次に出てきた方はベルマーレのスタッフパスを首から下げてなかったので、たぶんシミスポ側の責任者みたいな人
若干強気な態度で出てこられたので、ちょっとムッとしつつも事情説明と対応を求める。

自分たちのプレゼントだけだったら少しは諦めもつきますけど、
返してもらった中には他のファンの子達からのものもあったし、
他のチームのアウェイサポだっておんなじ用な扱われ方をする可能性もあるわけで…

私たちの言い分を聞いたその男性が一旦奥に引っ込んで、次に出てきたのは
ベルマーレのスタッフパスを首から下げた男性
ここまで既に3人、何の申し出&何者なのかの説明も無く対応スタッフがコロコロ変わる状態にまたちょっとムッとする。
完全にクレーマー扱いですか?!
それぞれがそれぞれ独りで出てきて入口脇で待ってる私たちのもとに来て
『はいはい、話を聞きましょうか?で、何なの?』って態度。

私的には一番最後のこの男性スタッフさんの態度が一番いただけなかったですね。
(シミスポ責任者らしき人が、選手が泊まってるであろうホテル名をさっくり言っちゃったのもいただけないですけど。イヤホントに(^_^;)結局違ったと言ってましたけど。それだけは絶対ダメでしょ!)

こちらとしては終始落ち着いて真摯な態度で対応を求めたつもりですが、
「百歩譲って…」だの「うちの選手じゃないんで…」など
言葉の端々になんともいえないイヤな感じを受けました。
ムッとしつつもこれ以上の対応は望めないなと判断し、
「お手間を取らせて申し訳ありませんでした。」
と紳士的に引き下がってきましたが、駅までの道を歩きながらもなんだかムッとした思いが収まらない私とあおばさん。
対応自体はまぁ百歩譲ってそれなりにやってくれたとは思いますけど、あの扱いはどうなのよ?!

たとえチームが違おうが、ファンやサポーターの選手に対する気持ちや
アウェイまで来て応援するファンやサポの思い、
そしてそれを大切に思ってくれてる選手たちの思いがわかってればあんな対応できないと思う。

ベルマーレがホームのサポへのファンサ、バスの出待ち等についてどういう運営してるのか知らないけど、
アウェイまで行くベルマーレサポがアウェイでそういう扱いを受けたとしてもやむなしって考えてるってことですか?
それともアウェーサポ及びファンは客じゃないとでも?!
そういう扱いもありだと否定はしないけど、少しでも観客動員を増やし、
集客が必要なクラブなら、たとえ他サポでも『潜在的にサッカーをスタジアムまで来て見る』って客層を足蹴にしないほうがいいのでは
と思う。
なにかのきっかけでベルマーレサポにならないとも限らないんだから。
(実際私は浦和から愛媛に浮気中なわけだし…)



あーあ。
祐三へのバースデイプレゼントは、帰りのバスの中で開けてこそ意味のあるネタを仕込んであったのになぁ…

プレゼントたちは結局、ホーム最終戦のため火曜夜に松山に飛ぶあおばさんに託しました…
よろしくお願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト
14 : 10 : 53 | その他 | TB(0) | Comment(3) | UP↑

<<立ち位置 | ホーム | 札幌遠征記 その3~祐三トラップ~>>
コメント

湘南戦、お疲れ様でした。

そんな対応だったんですね。
トモダチと帰りの新幹線でメールを見て、激怒でした。
何といった・・対応。ひどすぎですね。
手紙を託し、先に帰ってしまったので・・・本当にありがとうございます。
私もすぐ読んでもらいたい内容だっただけに残念です。
試合終了後、すぐに気持ちをつづったのに・・・。
意味ないですよね!!
by: みぃこ * 2006/11/20 21:13 * URL [ 編集] | UP↑

>みぃこサマ
お久しぶりに会えてうれしかったです★

そう。差し入れにしろ手紙にしろ、試合後の『お疲れ様』の意味もこめて渡してるわけですから、
その思いは大切に扱ってほしかったですね。

選手たちは「あれ?今日は誰もプレゼントなし?」って思ってたかもですねw
by: Diablo Rojo * 2006/11/21 11:38 * URL [ 編集] | UP↑

土曜は遅くまでお疲れ様でした。前回が同様の頼み方をシャッター近くの係員に頼んでスムーズにバスの中の方たちに渡ったので、まさかあんなことになるとは(驚)

試合に足を運ぶサポはホームもアウェーも同じ想い。、試合直後に伝えたい気持ち(手紙)、帰りの中のバスで開けてこそ意味のあった(笑)プレゼント、差し入れ。

少し気配りをしてくれたらあんな嫌な思いをせずに帰ることができたのにな、と思いました。

でも実は同様のことが愛媛でもあったのです、悲しいことですが。先月の仙台戦の出待ちの際に一緒に関東から遠征した仙台サポの友人が、愛媛のスタッフ(ボラの方ではなく)の方に仙台の方に渡して欲しい旨伝えて、差し入れを託したところ、すぐ後ろに停まっていたバスには持ち込まず、ずっと手にしたまま愛媛サポの応対をしていたそうです。そうするうちに選手バスは出発、そのスタッフは慌てるふうでもなく。その後その差し入れを持ってどこかへ消えていって、戻ってきたときはなかったそうなので、チームの荷物と一緒に仙台へ送られたのでは??と。友人はせっかくの気持ちが伝わらなくて残念、と悲しんでいました。

私も他のアウェーチームで、直接選手に渡せない時はスタッフの方にお願いしてきました。いずれも機敏に対応していただき、チームによっては違うのでと愛媛側に差し入れを受け取っていいかどうかまで確認して下さったり。草津、神戸の方たち、そして三ッ沢、仙台、札幌会場関係者の方たち。

ホームアウェー問わず、試合を離れたら同じJリーグを愛するもの同士、皆で盛り上げていくためにも、そして沢山の方たちに愛媛の試合を見に来ていただくためにも、愛媛のスタッフの方はもう少し配慮をしていただければ、と。皆が気持ちよく試合の感想を言いながら帰途につけるように。

で、手元に戻ってきた皆様の想いが詰まったプレゼント、差し入れ、手紙は私が責任を持って各選手にお届けいたします。事情説明をした上で。では、今夜から行って来ます。
by: あおば * 2006/11/21 14:41 * URL [ 編集] | UP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

   Diablo Rojo

Author:Diablo Rojo
(ディアブロ・ロッホ)
Diablo Rojo:スペイン語で赤い悪魔の意味。
浦和レッズの選手として大好きだった千島選手が移籍してしまい、その勇姿を追うために始めたブログです。
いつまで続くかわかりませんけど、気のすむまでやってみようと思います。

 With Might and Main

    『全力を尽くして』


本家の浦和系ブログは⇒コチラ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。